「AIは本当に面接に合格するのを助けてくれるのでしょうか?」

AIは面接に助けになるのか?

思考、ヒント、そしていくつかのプロンプト

Andertoonsイメージライセンス

最近、仲間の面接官から、技術面接でAIを活用して合格しようとする候補者が心配だという声を聞いています。心配なのは、ChatGPTやBardなどのLLM技術を利用して、技術面接中に問題を解決することで、システムを”ゲーム化”してしまう可能性です。

私は、面接に合格するためにはAIを活用すべきですが、最初に思い浮かべる方法とは異なる方法で活用すべきだと思います。

面接に合格するための最も重要な要素は、それに備えることであり、最も効果的な準備方法は練習です。

一部の企業では、候補者を模擬面接に参加させ、フィードバックを提供し、改善すべき点を示すために数千ドルを請求する場合があります。これにより、そのようなサービスに支払う余裕のない人々には大きな機会の差が生じます。

新しいLLM技術の登場によって、AIが競争の均衡を取り戻す手段となり、模擬面接の練習のためのチューターとして利用できるかどうかが問われています。まずは、AIを活用する誤った方法について考えましょう。

誤った方法

まず、この妥当な懸念に対処しましょう。面接中にLLMサービス(ChatGPT、Bardなど)を使用して技術的な質問の答えを取得しようとするべきでしょうか?技術は機能しますが、候補者として本当にそのように利用すべきでしょうか?

私の意見では、答えはいいえです。これをすることは、短期的にも長期的にもあなたに損害を与えます。以下に、それをしない理由をいくつか挙げます:

見つかってしまうでしょう

面接はストレスがかかります。おそらく面接官は、あなたがスプリットスクリーンをして答えを探し、理解していないことを言っていることに気づくでしょう。

私はこれまでのキャリアで1000件以上の面接を行ってきましたが、候補者がスプリットスクリーンのアプローチを取り、私と話している間に答えを探そうとしている場合がありました。これは非常に明らかでした。

なぜ彼らが答えを探しているとわかったのでしょうか?彼らは私のヒントに注意を払わなかったからです…

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

「スノーケルAIのCEO兼共同創設者、アレックス・ラットナー - インタビューシリーズ」

アレックス・ラトナーは、スタンフォードAIラボを母体とする会社、Snorkel AIのCEO兼共同創設者ですSnorkel AIは、手作業のAI...

機械学習

もし芸術が私たちの人間性を表現する方法であるなら、人工知能はどこに適合するのでしょうか?

MITのポストドクターであるジヴ・エプスタイン氏(SM '19、PhD '23)は、芸術やその他のメディアを作成するために生成的AIを...

人工知能

ジョシュ・フィースト、CogitoのCEO兼共同創業者 - インタビューシリーズ

ジョシュ・フィーストは、CogitoのCEO兼共同創業者であり、感情と会話AIを組み合わせた革新的なプラットフォームを提供するエ...

人工知能

「クリス・サレンス氏、CentralReachのCEO - インタビューシリーズ」

クリス・サレンズはCentralReachの最高経営責任者であり、同社を率いて、自閉症や関連する障害を持つ人々のために優れたクラ...

人工知能

アーティスの創設者兼CEO、ウィリアム・ウーによるインタビューシリーズ

ウィリアム・ウーは、Artisseの創設者兼CEOであり、ユーザーの好みに基づいて写真を精密に変更する技術を提供していますそれ...

人工知能

「UVeyeの共同設立者兼CEO、アミール・ヘヴェルについてのインタビューシリーズ」

アミール・ヘヴァーは、UVeyeのCEO兼共同創設者であり、高速かつ正確な異常検出により、自動車およびセキュリティ産業に直面...