「2023年の会計のためのトップAIツール」

Top AI Tool for 2023 Accounting

VIC.AI

Vic.aiはAIを使用して財務管理を行います。数億の請求書を使用してアルゴリズムをトレーニングしたため、テンプレートや暗記を必要とせずに請求書から重要な情報を抽出することができます。彼らのアルゴリズムは運用初日からほぼ完璧なヘッダー結果を生成し、その技術は常に進化しています。彼らはAutopilotテクノロジーを使用してさまざまな請求の管理にAIを簡単に実装できます。

INDY

Indyは人手作業よりも20倍速く煩雑な会計業務を終了させる人工知能(AI)プログラムです。商業活動は効率化され、プラットフォームは必要なすべての申告書を自動的に生成します。Indyのアドバイザーは、Indyのスタッフがキャリアのすべての段階でサポートします。これは、BNC(非商業利益)およびマイクロBNC制度に基づいて所得税を支払う事業、SAS、SASU、EURL、SARL、SELASU、SELARLで年間売上高が247K€未満の法人、マイクロ企業(自営業者)および所得税(IR)および法人税(IS)を支払うSCIなどに適していますが、付加価値税はありません。

Docyt

DocytはAI技術を活用したクラウドベースの会計自動化ソフトウェアで、取引のコード化、仕訳の作成、QuickBooksでの銀行口座およびクレジットカード口座の調整などの業務を自動化します。チームのメンバーやクライアントは任意の場所からリアルタイムの財務情報を共有し、協力して作業することができます。財務データをデジタル化し、手順を自動化することで、簿記およびその他の管理コストを削減することができます。その結果、企業はタイムリーかつよく考えられた意思決定を行いやすくなります。

Blue Dot

従業員による財務取引に関して、Blue Dotはプラットフォームベースの常に最新のプラットフォームで市場に先駆けて参入しました。Blue Dot Tax Compliance Platformは、デジタル化、税務コンプライアンス、自動化を通じて会社の従業員支出データを付加価値税、課税対象従業員手当、法人所得税の処理と分析するためのオールインワンソリューションです。

Truewind.ai

新しいビジネスが頼るには、手作業の簿記システムは人為的なミスのリスクが大きすぎます。truewind.aiは、人工知能によって支えられたファイナンスおよび会計プラットフォームがこれらの問題を解決するのに役立つと見つけました。スタートアップや中小企業は、truewind.aiというAI駆動の財務自動化プラットフォームを利用してインテリジェントな会計サービスを受けることができます。取引、勘定の調整、リアルタイムの財務レポートは、機械学習アルゴリズムを使用して自動化されます。このクラウドベースのソフトウェアは、自動請求機能、キャッシュフロー予測および予算ツール、パフォーマンスメトリクスの追跡のためのカスタマイズ可能なダッシュボードにより、起業家が財務管理に時間とエネルギーを節約するのに役立つかもしれません。

Booke AI

Booke AIは、忙しいプロフェッショナルのために会計プロセスを効率化するためのAIパワードの自動化ツールです。機能には、請求書、請求書、領収書からのリアルタイムOCRデータの抽出、自動トランザクションの分類、AI支援の調整があります。ユーザーは、Xero、QBO、QBDの統合を介してプラットフォームに好みの会計ソフトウェアを接続することができます。Booke AIのコミュニケーション機能は、チームワークの効果を向上させ、顧客との対話を改善します。文書は一括管理され、不一致が見つかり修正され、動的なレポートが生成されます。Booke AIは、XeroとQuickBooksのためのChrome拡張機能も提供しており、トランザクションをカテゴリに分類し、未識別の銀行フィードトランザクションをフラグ付けするのがより簡単になります。

Gridlex Sky

Gridlex Skyは、人工知能を会計ソフトウェアに統合し、ビジネスの財務業務を効率化するための支援を行います。請求書の作成、信用監視、勘定の調整、財務計画などを容易にします。Gridlex Skyは、企業が意思決定を改善するために財務データ分析をサポートすることもできます。請求書作成、信用管理、調整、予算策定、予測などは、Gridlex Skyを使用して自動化することができます。これにより、企業は費用と時間を節約し、精度を向上させることができます。Gridlex Skyは、企業向けの財務データ分析プラットフォームです。価格設定、マーケティング、投資の意思決定など、このデータはさまざまな領域で活用できます。Gridlex SkyはAIを利用して、企業が利益を増やす方法についてアドバイスします。これらの提案により、企業の財務状況、収益、見通しがすべて改善されることがあります。

ZENI.ai

ZENI.aiは、スタートアップの財務業務を支援する人工知能(AI)を活用したプラットフォームです。会計、支出の監視、予算編成は、スタートアップの財務を効果的に管理するために自動化できる手間のかかる手続きです。ZENI.aiのリアルタイムな財務データの分析を活用することで、より良いビジネスの意思決定が可能です。ZENI.aiは、人間の知識とAIを統合することで効果的です。同社はAIを活用したソフトウェアを使用するCPAのスタッフを雇用し、会計プロセスを効率化しています。これにより、ZENI.aiは新しいビジネスに対して信頼性の高い効果的な財務サービスを提供することができます。Lyft、Airbnb、StripeなどのスタートアップがZENI.aiのクライアントの一部です。

Bill & Divvy

Bill & Divvyは、人工知能によって支えられた会計ツールであり、企業の売掛金および買掛金のプロセスを効率化します。請求書発行、支払い、クレジット管理など、さまざまな手続きを簡素化することができます。Bill & Divvyは、企業の売掛金および買掛金の手続きを自動化するための多くのツールを提供しています。メール、PDF、CSVファイルで送信される請求書は、すべて自動的にBill & Divvyにインポートされます。金額、支払い期日、条件などの請求書の情報を自動的に抽出することができます。Bill & Divvyは、請求書の支払日、金額、支払い方法を記録することができます。また、まだ支払いを済ませていないクライアントに支払いリマインダーを送信することもできます。Bill & Divvyの助けを借りて、企業はクレジット限度額や支払い期日などを把握することができます。また、クレジットカードの残高が高くなりそうなときに通知を受けることもできます。

Nanonets Flow

Nanonets Flowは、請求書、領収書、銀行取引明細書などの財務文書から有用な情報を抽出するための人工知能-drivenのプラットフォームです。請求書作成、支出報告、予算編成など、さまざまなプロセスをこの情報を活用して効率化することができます。Nanonets Flowは、機械学習や自然言語処理などの人工知能(AI)の形態を利用してテキストから情報を抽出します。請求書番号、日付、金額、ベンダーなどの請求書の情報は、Nanonets Flowによって自動的に抽出されます。この情報を会計ソフトウェアで使用して請求書を作成し、支払いを行うことができます。領収書の店舗名、日付、金額、カテゴリーも、Nanonets Flowを使用して自動的に抽出することができます。この情報を使用して経費を監視し、レポートを作成することもできます。Nanonets Flowの財務記録からの自動データ抽出により、予算の編成が容易になります。実際のコストを考慮に入れた支出計画を立てることができます。

Botkeeper

Botkeeperは、企業の簿記を効率化する人工知能-drivenの会計ソフトウェアです。バーコードの読み取り、購入品のカテゴリー分類、レポートの作成などが可能です。Botkeeperの人間支援AI機能により、単調な業務の自動化と人間の会計士の知識の両方を活用することができます。スタートアップから大手多国籍企業まで、さまざまな規模の企業がBotkeeperを利用しています。データ入力、請求書処理、勘定の調整など、時間のかかる簿記作業をBotkeeperが自動化することで、計画策定や戦略にさらに時間を取ることができます。BotkeeperはAIを使用して会計のミスを検出し修正することができます。これにより、財務記録はより信頼性が高く最新のものとなります。キャッシュフローステートメント、貸借対照表、損益計算書など、Botkeeperはさまざまなレポートを生成することができます。これらのレポートを使用して財務状況を把握し、企業のための賢明な選択を行ってください。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

「アナコンダのCEO兼共同創業者、ピーターウォングによるインタビューシリーズ」

ピーター・ワンはAnacondaのCEO兼共同創設者ですAnaconda(以前はContinuum Analyticsとして知られる)を設立する前は、ピー...

データサイエンス

「2023年にデータサイエンスFAANGの仕事をゲットする方法は?」

データサイエンスは非常に求められる分野となり、FAANG(Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Google)企業での就職は大きな成...

人工知能

「Ami Hever、UVeyeの共同創設者兼CEO - インタビューシリーズ」

עמיר חבר הוא המנכל והמייסד של UVeye, סטארט-אפ ראיה ממוחשבת בלמידה עמוקה, המציבה את התקן הגלובלי לבדיקת רכבים עם זיהוי...

人工知能

「ジンディのCEO兼共同創設者、セリーナ・リー― インタビューシリーズ」

「Celina Leeは、ZindiのCEO兼共同創設者であり、アフリカのデータサイエンティスト向けの最大の専門ネットワークです Celina...

人工知能

「ゲイリー・ヒュースティス、パワーハウスフォレンジクスのオーナー兼ディレクター- インタビューシリーズ」

ゲイリー・ヒュースティス氏は、パワーハウスフォレンジックスのオーナー兼ディレクターであり、ライセンスを持つ私立探偵、...

人工知能

ギル・ジェロン、Orca SecurityのCEO&共同創設者-インタビューシリーズ

ギル・ゲロンは、オルカ・セキュリティのCEO兼共同設立者ですギルは20年以上にわたりサイバーセキュリティ製品をリードし、提...