学校でのChatGPTの影響となぜ禁止されつつあるのか

ChatGPTの学校での影響と禁止されつつある理由

ChatGPTは、多くのユースケースで同等の興奮と懸念を引き起こしています。その中でも最も顕著で論争の的となっているのが、学校での使用です。ChatGPTの人気が急上昇する一方で、多くの学校が禁止していますが、教育における潜在的な利点も増えています。

なぜ学校がChatGPTを禁止しているのか

この問題の両面を理解することが重要です。まず、学校がChatGPTを禁止する最も重要な理由のいくつかを紹介します。

盗作の懸念

学校で最も一般的なChatGPTに対する懸念は、盗作への傾向です。すべてのAIモデルと同様に、ChatGPTは新しいコンテンツを作成するのではなく、既存の作品をまとめて要約し、言い換えることがあります。生徒たちはそれを簡単に使って、他人の論文を盗んで提出するのと同様の効果を得ることができます。

多くのツールはChatGPTで生成されたコンテンツを検出できるため、生徒たちが不正行為を試みていることを発見することは比較的簡単です。しかしながら、生徒たちは研究ツールとしてしか使用しない場合でも、ChatGPTから得た情報の元のソースを見つけられず、偶然の盗作につながる可能性があります。モデルのトレーニングデータの背後にいる人々からの同意の欠如は、さらなる盗作の懸念を引き起こします。

疑わしい正確さ

学校でChatGPTを使用することは、生徒たちの教育の質を低下させる可能性もあります。ChatGPTが提供する答えは、常に正確ではなく、説得力があっても、生徒たちに誤解を与えたり、完全に誤った情報を信じさせたりする可能性があります。

これらの事実誤認は、盗作よりも検出が難しいかもしれません。特に、それらが教師たちがあまり詳しくないトピックに関する場合はさらにその傾向があります。その結果、研究や教育ツールとして使用することは、誤情報を広める可能性があります。

プライバシー問題

ChatGPTには、いくつかのプライバシー上の懸念もあります。このプラットフォームは、かなりの量のユーザーデータを収集し、そのプライバシーコントロールは最小限であり、即座にわかりにくいものです。昨年、最もランサムウェア攻撃に苦しんだのが教育セクターであったことを考慮すると、これは重要な問題です。

ChatGPTを使用する場合、生徒たちはどれだけの個人情報を提供しているか、サイトがそれをどのように使用するかを知らないかもしれません。それにより、非常に敏感なデータがリスクにさらされることになります。

チート以外のChatGPTの利用方法

これらの懸念にもかかわらず、学校でChatGPTの数多くの利点があります。以下は、教師や生徒たちの両方に利益をもたらす方法で、チャットボットを利用する方法です。

管理業務の効率化

教師やその他のスタッフは、ChatGPTを利用して、スケジュールやデータ入力などの一部の管理業務を自動化することができます。この自動化により、彼らは生徒たちとより多くの時間を過ごすことができ、教育成果を向上させることができます。

独立系学校の約50%が、管理業務を管理するために5つ以上のオンラインソリューションを使用しています。それは多くの切り離し、非効率性、不必要なコストを生み出します。ChatGPTのようなツールを使用して、これらの舞台裏のワークフローを効率化することで、その時間と費用を最小限に抑えることができます。

エンゲージメントの向上

教育者は、ChatGPTを使用して、生徒たちの授業をより魅力的にすることができます。研究によると、生徒たちは自分たちの学習にテクノロジーが関わる場合、より関心を持ち、快適に感じます。そして、ChatGPTのように新しくエキサイティングなテクノロジーは、特に役に立つことができます。

生徒たちは、自分で詳細を補完するための研究論文のアウトラインを形成するためにChatGPTを使用することができ、どのように優れたエッセイを作成するかを学ぶのに役立ちます。また、教師は、AIがどのように機能するかを示したり、オンラインリソースでのバイアスや誤情報を見つけることの重要性を強調するためにChatGPTを使用することができます。

AIの未来に向けた生徒の準備

学校では、生徒たちにChatGPTやその他の類似したツールの使用方法を教えることも考慮することができます。生成AIは、多くの将来のビジネスにおいて役割を果たすことになるため、AIを責任を持って使用することを学ぶことは、次世代にとって重要なスキルです。

一部の専門家は、現在の労働力の58%が、新しい技術が彼らの役割と責任を変えるにつれて、スキルアップが必要になると予測しています。教育システムは、生徒たちが職場に入る前にAIリテラシーを身につけることで、その傾向に先んじることができます。ChatGPTの使いやすさは、そのための理想的なツールです。

生成AIが教育を永遠に変える可能性がある

ChatGPTのような生成AIプラットフォームは、多くの産業がどのように運営されるかを変えるでしょう。同様のことが教育にも当てはまる可能性があります。それは新しい政策を採用してテクノロジーを制限することでも、それを受け入れることでもあります。

学校でChatGPTを使用することには多くの利点がありますが、重要な障壁が残っています。学校システムが慎重にアプローチし、これらのデメリットを考慮することができれば、ポジティブな面を活用して将来の教育を改善することができます。April Millerは、ReHack Magazineのコンシューマテクノロジーの編集長です。彼女は、私が関わる出版物にトラフィックを駆動させる品質の高いコンテンツを作成する実績があります。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

「サティスファイラボのCEO兼共同創設者、ドニー・ホワイト- インタビューシリーズ」

2016年に設立されたSatisfi Labsは、会話型AI企業のリーディングカンパニーです早期の成功は、ニューヨーク・メッツ、メイシ...

人工知能

「コマンドバーの創設者兼CEO、ジェームズ・エバンスによるインタビューシリーズ」

ジェームズ・エバンズは、CommandBarの創設者兼CEOであり、製品、マーケティング、顧客チームを支援するために設計されたAIパ...

データサイエンス

「3つの質問:ロボットの認識とマッピングの研磨」

MIT LIDSのLuca CarloneさんとJonathan Howさんは、将来のロボットが環境をどのように知覚し、相互作用するかについて議論し...

人工知能

「Ntropyの共同創設者兼CEO、ナレ・ヴァルダニアンについて - インタビューシリーズ」

「Ntropyの共同創設者兼CEOであるナレ・ヴァルダニアンは、超人的な精度で100ミリ秒以下で金融取引を解析することを可能にす...

人工知能

「UVeyeの共同設立者兼CEO、アミール・ヘヴェルについてのインタビューシリーズ」

アミール・ヘヴァーは、UVeyeのCEO兼共同創設者であり、高速かつ正確な異常検出により、自動車およびセキュリティ産業に直面...

人工知能

「Kognitosの創設者兼CEO、ビニー・ギル- インタビューシリーズ」

ビニー・ギルは、複数の役職と企業を横断する多様で幅広い業務経験を持っていますビニーは現在、Kognitosの創設者兼CEOであり...