Web開発におけるジェネレーティブAIとNoCode:新しいパラダイムシフト

Generative AI and NoCode in Web Development A New Paradigm Shift.

ウェブ開発のトレンドは、継続的な改良と進化を見せています。生成AIとNoCodeプラットフォームの覇権争いはエスカレートし、それぞれがウェブ開発の主要な戦場であるバックエンドとフロントエンドで独自の強みを発揮しています。

バックエンド:生成AIの支配

バックエンドは、アプリケーションやウェブサイトの本質を形成する見えないパワーハウスである技術的なインフラストラクチャです。

NoCodeでは、手動でコードを入力する必要はありませんが、バックエンドの操作のための論理を確立する必要があります。通常、グラフィカルユーザーインターフェイスを手動で構成することで行われますが、これはテキスト生成と同じように自動化されることには向いていない作業の一種です。

ここで、生成AIは大きな進歩を遂げています。

最近登場したChatGPTは素晴らしい例です。

ChatGPTにより、ウェブ開発の新たな時代が到来し、ウェブ開発の3つの重要な側面を加速することで、全体的な開発時間を大幅に短縮します。

  1. コード開発:AIと人間の開発者の協力により、バックエンドコードの作成プロセスが大幅に簡素化されます。AIの力が人間の創造性と結びついて、伝統的な時間の一部で堅牢なコードベースを作成します。
  2. アプリケーションテスト:ChatGPTのようなAIパワードツールにより、このダイナミックな協力の範囲はアプリケーションのテストにまで拡大します。潜在的な問題をより迅速に特定できるだけでなく、テストコード自体も自動生成できます。これにより、テストフェーズが大幅にスピードアップし、アプリケーションの機能性と堅牢性の徹底的で効率的な検証が確実になります。
  3. バグのトラブルシューティング:最後に、時間のかかるバグのトラブルシューティングと修正がスピードアップされます。ChatGPTが問題を迅速に特定し分離する能力により、開発者は問題を探し回るのではなく、解決策の作成に時間を費やすことができます。

このAIによる開発パラダイムは、人間の創造性とAIの効率性と速度を調和させて、初期のコーディングフェーズから最終的なバグ修正まで、大幅に効率的な開発サイクルを実現し、市場投入までの時間を大幅に短縮します。

フロントエンド:NoCodeの強み、ただしどの程度続くか

フロントエンド、すなわちアプリケーションやウェブサイトのビジュアルパートは、NoCodeが伝統的に優れている分野です。WYSIWYG(「見たままが得られる」)インターフェイスを通じて開発者に直接ビジュアルフィードバックを与え、迅速なUI開発を可能にします。しかし、ここでも変化の兆しがあり、人間とAIの組み合わせがフロントエンドコードの設計にますます熟練しています。

しかし、最も重要な問題は、将来的にはアプリケーションにGUIが必要かどうかということです。NoCode、低コード、WYSIWYGの伝統的な必要性は、アプリケーションのユーザーと作成者がともに人間であることに基づいています。しかし、AIエージェントがアプリケーションのユーザーとしてますます増えるにつれて、「ヘッドレス」アプリケーションに移行する可能性があります。そこでは、自動化がユーザーとなり、GUIは不要になります。

新しいパラダイム:LangChainとAutoGPT

これにより、LangChainやAutoGPTのようなフレームワークによる新しいアプリケーション開発のパラダイムが生まれます。これらのフレームワークにより、開発者は、オープンAIやGoogle BardなどのLarge Language Model(LLM)にプロンプトをチェインして、複雑な問題を自律的に解決するAIアプリケーションを作成できます。追加の機能のためにAPIを統合し、メモリ用のベクトルデータベースを使用することもできます。

2023年4月16日のAutoGPTデモでは、AIプログラムがインターネットをブラウズして情報を収集し、新しい概念(例えば、AutoGPT自体)について学ぶ能力を示しました。これにより、独立して学習、進化、適応することができるアプリケーションが実現する可能性があり、AI第一主義の開発パラダイムにシフトすることを象徴しています。

AI第一主義のアプリケーション:未来?

この新しいパラダイムでは、GUIが必要なくなるか、GUIが必要であっても、人間が監視、指示、AIエージェントと話すことができるシンプルなチャットインターフェイスになるかもしれません。アプリケーション開発者の主な仕事は、LLMをオーケストレーションして知能を高め、メモリ用のベクトルデータベースを管理し、追加の機能のためにAPIを統合することになるでしょう。

Peter Thiel氏が「Zero to One」という書籍で問いかけるように、「あなたは漸進的な改良ではなく、突破的なテクノロジーを作り出すことができますか?」この問いは、今日ではさらに真実味を帯びています。

結論

Generative AIとNoCodeの争いは、支配権を争うだけの戦い以上のものです。これは、アプリケーションを構築するアプローチが、人間中心からAI中心のパラダイムに進化している移り変わる風景を表しています。将来は、より視覚的に魅力的なGUIを作成することよりも、学習、適応、自律的に動作する知的なアプリケーションを作成することが重要になるかもしれません。

LinkedInでのご意見や、2023年のソフトウェア開発トレンドに関する私たちの今後の電子書籍への貢献をお待ちしております。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

「マーシャンの共同創設者であるイータン・ギンスバーグについてのインタビューシリーズ」

エタン・ギンズバーグは、マーシャンの共同創業者であり、すべてのプロンプトを最適なLLMに動的にルーティングするプラットフ...

データサイエンス

「3つの質問:ロボットの認識とマッピングの研磨」

MIT LIDSのLuca CarloneさんとJonathan Howさんは、将来のロボットが環境をどのように知覚し、相互作用するかについて議論し...

機械学習

「Prolificの機械学習エンジニア兼AIコンサルタント、ノラ・ペトロヴァ – インタビューシリーズ」

『Nora Petrovaは、Prolificの機械学習エンジニア兼AIコンサルタントですProlificは2014年に設立され、既にGoogle、スタンフ...

人工知能

ムーバブルインクのCEO兼共同創設者であるヴィヴェク・シャルマ氏についてのインタビュー・シリーズ

ビヴェクは2010年にムーバブルインクを共同設立し、急速な成長を遂げながら、600人以上の従業員を擁し、世界有数の革新的なブ...

人工知能

「ゲイリー・ヒュースティス、パワーハウスフォレンジクスのオーナー兼ディレクター- インタビューシリーズ」

ゲイリー・ヒュースティス氏は、パワーハウスフォレンジックスのオーナー兼ディレクターであり、ライセンスを持つ私立探偵、...

人工知能

Aaron Lee、Smith.aiの共同設立者兼CEO - インタビューシリーズ

アーロン・リーさんは、Smith.aiの共同創業者兼CEOであり、AIと人間の知性を組み合わせて、24時間365日の顧客エンゲージメン...