あなたの時間を節約するための6つのGmail AI機能

6 Gmail AI functions to save your time.

今年のI/Oでは、AIをより多くの人々に役立つものにする方法を発表しました。その中には、Gmailの新しい「Help me write」機能を、ユーザーがWorkspace Labsにある場合に提供し、メールの作成をこれまで以上に簡単にするものが含まれます。しかし、それはGmailフロントの最新のAIアップデートにすぎません。Gmailのすべてのユーザーは、多くの場合、数年前からAIによって強化された他の多くの機能にアクセスできるようになっています。「Gmailは、メールの旅全般でユーザーを助けるためにAIの力を利用する長い歴史があります」と、GmailインテリジェンスチームのソフトウェアエンジニアであるChao Wang氏は言います。

以下は、受信メールの管理から返信の作成まで、幅広いタスクでGmailをより便利にする6つのAI機能です。

1.「Help me write」

「Help me write」は、シンプルなプロンプトに基づいて完全なメール下書きを作成できます。現在、Workspace Labsプログラムの一部として提供されており、オンラインでサインアップしてプログラムに参加することができます。ツールにアクセスできるようになると、Gmailで新しいメールの作成に移動するときに「Help me write」アイコンが表示されます。鉛筆の星を探して、メールが何についてであるか説明するプロンプトを追加してください。たとえば、美しいロケーションに設定されたスリラー小説を友達に推薦するために友達に尋ねたい場合があります。いずれにしても、「Create」をクリックすると、プロンプトに基づいた完全な下書きが表示されます。「Insert」を選択するか、「Refine」ボタンをチェックして調整を行うことができます。必要に応じて、メールをより正式に、より詳細に、または短くするためのオプションを選択することもできます。「I’m feeling lucky」を試して、「Help me write」がどのようなトーンを提供するか見ることもできます。Gmailは、以前のスレッドから詳細を引き出して、文脈上のギャップを埋めるための機能も最近追加されました。

「Help me write」は、生成AI大規模言語モデルを使用して、プロンプトを解釈し、リクエストを最も適切に表現する単語の組み合わせを決定します。そして、この新しいテクノロジーは、GmailのSmart ComposeやSmart Reply機能に使用した過去の生成モデルを基にしており、これらの詳細については、以下をご覧ください。

ビデオ形式はサポートされていません

2. Smart Compose

Smart Composeは、メールの下書きをゼロから作成するのを手伝ってくれるわけではないが、途中でいくつかの提案が欲しい場合に使用すると便利です。

この機能は、ハイブリッド言語生成モデルを使用し、Tensor Processing Units(TPUs)で実行して単語の提案を表示します。「Tab」ボタンを簡単にタップするだけで、提案を受け入れ、それらの単語を完全に入力せずにメールの下書きに取り入れることができます。

そして、Smart Composeの目標の1つは、ユーザーがより効率的に書くのを手助けすることですが、この機能は一部の人々にとって大きなボーナスとなる場合もあります。「英語は私の母国語ではないので、私はSmart Composeを使って新しいフレーズを学びます」とChao氏は言います。その他の言語学習者のためには、Smart Composeは英語、スペイン語、フランス語、イタリア語で利用可能です。

ビデオ形式はサポートされていません

3. Smart Reply

友達から「今週末のパーティに来れるか」というメールを受け取ってから、直ちにバックトゥバックのミーティングに参加する必要があると想像してみてください。今、何もタイプせずに数秒で友達に返信を送信できると想像してみてください。

それがSmart Replyです。この機能は、受信したメールに対して最大3つの可能な返信を生成できます。2回のクリックまたはタップで、返信を選択して送信できます。

Smart Replyは、多様で微妙な応答の大きなセットから適切な潜在的な返信のセットを特定するために、深層ニューラルネットワークなどの高度な機械学習技術を使用します。これは、単純な「はい」、「いいえ」、または「もしかしたら」といった友達への返信の代わりに、「素晴らしい、私も参加する」、「残念ですが、明日は行けません」、「素晴らしい、私も行きます!」といったより微妙な選択肢が表示されます。

「Gmailチームはユーザースタディを実施し、その種の返信をタイプすることさえ少し時間がかかることがわかりました」とChao氏は言います。「だから、私たちは何か手助けをするための良い機会があると思いました。」

4. タブ入りの受信トレイ

あなたの受信トレイは、追跡するための迷路ではなく、簡単にナビゲートできるようにする必要があります。そのために、タブ入りの受信トレイがあります。Gmailのタブは、誰がメールを送信したかなどのさまざまなシグナルに基づいて、メールをどこに配置するかを決定する分類システムに依存しています。その後、メッセージは5つの異なる受信トレイタブのいずれかに入ります:プライマリ、プロモーション、ソーシャル、更新、フォーラム(必要に応じて、これらのタブを多く使用するか少なく使用するかを選択できます)。これにより、最初に表示するメッセージを簡単に表示し、後で保存できるメッセージを自動的にフィルタリングできます。さらに、1つのタブに表示されるメッセージが別のタブに表示されるべきであると判断された場合は、そのメールを正しい分類にドラッグして、モデルを個人の好みに合わせてトレーニングすることができます。

自動的にこれらの電子メールを分類するために、Gmailはニューラルネットワークをベースにした機械学習とヒューリスティックアルゴリズムの組み合わせを使用しています(ヒューリスティックアルゴリズムは、AI生成の決定木を使用して選択を行います)。ユーザーのプライバシーを尊重するために、アルゴリズムは、多数の集約された匿名化された情報から電子メールを分類する方法を学習します。「システムが個別のデータまたは特定のユーザーから学習しないように、ユーザーとして明示的な同意を与えない限り、集計されたデータ入力から学習するようにします」とChao氏は述べています。

5. サマリーカード

サマリーカードは、多くの情報が含まれたメッセージを受け取った場合に、その内容のスニペットだけが必要な場合の解決策です。「例えば、航空券予約の場合、フライトの日程や時間などの情報に興味を持つことが非常に高いです」とChao氏は述べています。または、オンラインショッピングで購入したものをすべて見たい場合は、スクロールする代わりに確認メールのトップに表示されます。

ヒューリスティックおよび機械学習アルゴリズムを使用して、サマリーカードテクノロジーは、着信メールから特定のデータを自動的に検索し、メッセージのタイプとメッセージの最も重要な内容を理解します。その後、自分自身でその情報をすべてスクロールする必要がなくなります。この機能は、フライト日程や滞在時間、注文したアイテムの名前などの重要な詳細を含む情報カードをメッセージの上部に表示します。旅行やショッピングの確認メールに加えて、ホテル予約、レストラン予約、コンサートなどのチケットイベントの確認メールのトップにサマリーカードが表示される場合があります。 (そして、カレンダーの招待状に関しては、サマリーカードからその日の他のイベントを確認して、返信を変更することができます。)

6. ナッジング

返信することを忘れたことがない人は、一人に一人のタイプの人かもしれません。私たちのような人々のために、重要なメッセージに返信したり、フォローアップしたりするようにリマインドするNudgingがあります。Nudgingは、受信したメールと送信したメールの両方で動作する最初のGmail AI機能であり、Chao氏にとっても彼のお気に入りのGmail AI機能です。「多くの見逃しメールを発見するのを助けてくれます」と彼は言います。

着信メールの場合、Nudgingは、返信しなかったメールを検出し、通常回答するメールを予測するために機械学習モデルを使用します。数日後、受信したメッセージを自動的にインボックスのトップに表示し、「3日前に受信したことを知らせるメモを添えて、返信したいかどうか尋ねます。

Nudgingは、返信がない送信メッセージを思い出させることもできます。「誰かにメールを送信して、返信がなく3日以上経過した場合、Nudgingは私に通知を送信し、追跡のためにフォローアップを送信するかどうか尋ねます」とChao氏は言います。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

機械学習

3つの質問:大規模言語モデルについて、Jacob Andreasに聞く

CSAILの科学者は、最新の機械学習モデルを通じた自然言語処理の研究と、言語が他の種類の人工知能をどのように高めるかの調査...

データサイエンス

「Seerの最高データオフィサーであるDr. Serafim Batzoglouによるインタビューシリーズ」

セラフィム・バツォグルはSeerのチーフデータオフィサーですSeerに加わる前は、セラフィムはInsitroのチーフデータオフィサー...

データサイエンス

アステラソフトウェアのCOO、ジェイ・ミシュラ - インタビューシリーズ

ジェイ・ミシュラは、急速に成長しているエンタープライズ向けデータソリューションの提供企業であるAstera Softwareの最高執...

人工知能

ムーバブルインクのCEO兼共同創設者であるヴィヴェク・シャルマ氏についてのインタビュー・シリーズ

ビヴェクは2010年にムーバブルインクを共同設立し、急速な成長を遂げながら、600人以上の従業員を擁し、世界有数の革新的なブ...

人工知能

「Ntropyの共同創設者兼CEO、ナレ・ヴァルダニアンについて - インタビューシリーズ」

「Ntropyの共同創設者兼CEOであるナレ・ヴァルダニアンは、超人的な精度で100ミリ秒以下で金融取引を解析することを可能にす...

データサイエンス

「2023年にデータサイエンスFAANGの仕事をゲットする方法は?」

データサイエンスは非常に求められる分野となり、FAANG(Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Google)企業での就職は大きな成...