「PEARLと出会ってください – 顧客サポートと販売の電話を実行できる新しいAIツール」

Meet PEARL - a new AI tool that can handle customer support and sales calls.

完全に自動化されたAIシステムによってスタッフされたコールセンターを想像してください。これは、セールスコールだけでなく、顧客サポートセクターでの顧客の問い合わせにも対応することができます。これは一部の人にとっては遠い未来のことかもしれませんが、それがPERALが約束していることです。

GoogleのAIエンジニアであるエリック・ヴャチェスラフ氏はLinkedInの投稿で、PERELという完全に自動化されたAIを紹介しています。それは60分の通話を行うことができます。しかも、このエンジニアによれば、相手側の人間との通話時に必要なあらゆるアクションを処理することができるとのことです。

投稿では、エリック・ヴャチェスラフ氏はAIの実際の音声を3分以上提供しています。音声では、AIが顧客と対話している様子が聞こえますが、これが人間ではないことを判断するのは非常に難しい、もしくは不可能です。

聞いてみると、PEARLはコールエージェントとしての立場にある人間と同じようにスクリプトから読み上げているように聞こえます。これには質問をすること、詳細を尋ねること、相手方との会話を進めることが含まれます。

全体的に、このモデルにかけられた作業の成果が非常に明確に感じられるため、聞く価値がある興味深い音声です。先週火曜日に投稿されて以来、LinkedIn上で半ばバイラル状態になっています。100以上のコメントとほぼ1000のリアクションがあり、PEARLはかなりの注目を浴びています。

PEARLに関する投稿は、AIチャットボットに対してスタートアップがコールセンターのスタッフの90%を解雇した数週間後に行われました。もちろん、PEARLのようなものが現れることで、AIが労働市場において重大な破壊者となる可能性に対して多くの人々が不安を感じることになります。

ゴールドマン・サックスは、生成型AIが今後数億の仕事に影響を与えると報告しています。これは、DeepMindの共同創設者であるムスタファ・スレイマン氏など、データサイエンスの主要なプレーヤーから、重要な職場の変革に対する政策的な解決策を求める呼びかけを引き起こしました。

ただし、その影響を考えるとしても、PEARLはAIがさまざまな産業で役割を果たす上でさらなる重要な一歩を示しているようです。支払いの処理、情報の受け取り、人間との対話など、その能力はそれに対して行われた作業の証です。

編集者のコメント:ディープラーニングはAI開発の将来において重要なトピックとなっており、最新の動向を追いたい場合は業界のリーダーからの情報を聞く必要があります。それをODSC West 2023のディープラーニング&機械学習トラックで得ることができます。席を確保して今日登録してください。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

AIテクノロジー

「LXTのテクノロジーバイスプレジデント、アムル・ヌール・エルディン - インタビューシリーズ」

アムル・ヌール・エルディンは、LXTのテクノロジー担当副社長ですアムルは、自動音声認識(ASR)の文脈での音声/音響処理と機...

人工知能

「Zenの共同創設者兼CTO、イオン・アレクサンドル・セカラ氏によるインタビューシリーズ」

創業者兼CTOであるIon-Alexandru Secaraは、Zen(PostureHealth Inc.)の開発を牽引しており、画期的な姿勢矯正ソフトウェア...

人工知能

Aaron Lee、Smith.aiの共同設立者兼CEO - インタビューシリーズ

アーロン・リーさんは、Smith.aiの共同創業者兼CEOであり、AIと人間の知性を組み合わせて、24時間365日の顧客エンゲージメン...

人工知能

「Ntropyの共同創設者兼CEO、ナレ・ヴァルダニアンについて - インタビューシリーズ」

「Ntropyの共同創設者兼CEOであるナレ・ヴァルダニアンは、超人的な精度で100ミリ秒以下で金融取引を解析することを可能にす...

データサイエンス

「Seerの最高データオフィサーであるDr. Serafim Batzoglouによるインタビューシリーズ」

セラフィム・バツォグルはSeerのチーフデータオフィサーですSeerに加わる前は、セラフィムはInsitroのチーフデータオフィサー...

データサイエンス

「3つの質問:ロボットの認識とマッピングの研磨」

MIT LIDSのLuca CarloneさんとJonathan Howさんは、将来のロボットが環境をどのように知覚し、相互作用するかについて議論し...