「コヒアーがコーラルを導入:最も戦略的なチームの生産性向上を目指す企業向けの知識アシスタント」

Cohear introduces Coral a knowledge assistant for companies aiming to improve the productivity of their most strategic teams.

コヒアは、戦略的なチーム内で生産性を向上させるために特別に設計された最先端の企業向けナレッジアシスタント、Coralを提供します。職場が進化する中で、従業員は情報にアクセスする効率的な方法やタスクを効率化する方法をますます求めています。従業員の労働時間の最大20%が情報検索に費やされており、全体的な業務パフォーマンスに大きな影響を与えています。

Coralは、CohereのCommandモデルを搭載した先進的な企業チャットボットであり、チャット、推論、執筆の能力について緻密にトレーニングされています。このチャットボットは、カスタマイズ性に優れており、各企業の固有の要件に合わせて知識ベースとデータの接続を調整することができます。データセキュリティは最優先事項として確保されており、Coralは外部の露出から機密情報を保護するため、プライベートな環境内で動作します。

消費者向けチャットボットの効率性は、生産性の向上の初期証拠を提供しています。研究によれば、ブレインストーミングやコミュニケーションの起草などのタスクは最大で50%短縮される可能性があり、これはさまざまな産業や機能におけるビジネスへのCoralの潜在的な利益を示唆しています。

アナリスト、エンジニア、法律専門家などの知識労働者は、Coralの能力から大きな恩恵を受けています。これらの専門家は、研究、分析、および推奨を彼らの役割の核心的な要素として利用しています。Coralの多様なサポートは、彼らが効率的に調査、要約、および起草することを可能にし、パフォーマンスと生産性を向上させます。

さらに、カスタマーサポート部門は、オペレーションを向上させるためにCoralの価値を認識しています。正確な製品情報に瞬時にアクセスできるチャットボットは、サポート担当者がケースをより速く正確に解決することを可能にし、解決済みの問題の平均14%の増加をもたらすという研究結果もあります。これは顧客の感情に良い影響を与え、管理的な介入の必要性を減らし、従業員の定着を改善します。

チャットボットの潜在能力にもかかわらず、データのプライバシーや生成型AIへの信頼に関する懸念は、広く採用される障壁となっています。企業は、外部の管理されたサービスへの機密データの漏洩の恐れから、消費者向けチャットボットを採用することに慎重でした。しかし、Coralは、プロンプトやチャットボットの出力に使用されるデータを企業のデータの範囲内に安全に保持することで、これらの懸念に対処しています。

さらに、Coralの基盤となるメカニズムは、言語モデルで頻繁に見られる自信に満ちた幻覚のリスクを軽減します。このメカニズムにより、ユーザーは関連するデータソースを提供され、チャットボットの応答を検証し、相互作用の正確性を確保することができます。

市場リーダーとのパートナーシップを通じて、Cohereは、ビジネスの特定のニーズに対応する企業向けのチャットボットの開発に専念しています。Coralの会話インターフェース、カスタマイズオプション、基盤となるメカニズム、データプライバシー機能は、知識アシスタントの潜在能力を引き出し、生産性を再定義するために不可欠なツールです。

まとめると、Coralは企業内の生産性向上に向けた革新的な一歩です。情報へのアクセスを効率化し、知的なサポートを提供することで、Coralは知識労働者とカスタマーサポートチームが業務を非常に効率的かつ正確に実行できるように支援します。データセキュリティを最優先に考えたCoralは、機密情報が組織内にとどまることを保証し、基盤となるメカニズムによりユーザーは自信を持って応答を信頼できます。知識アシスタンスの将来を見据える企業が進む中で、Coralは戦略的なチームにおける成功と生産性を推進するための貴重なパートナーです。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

機械学習

「ChatGPTなどの大規模言語モデル(LLM)がファインチューニングにおいて教師あり学習ではなく強化学習を使用する理由」の5つの理由

過去数ヶ月間でのGenerative Artificial Intelligenceの大成功により、Large Language Modelsは絶えず進化と改善を遂げていま...

機械学習

人間のフィードバックからの強化学習(RLHF)

たぶん、あなたはこの技術について聞いたことがあるかもしれませんが、完全には理解していないかもしれません特にPPOの部分に...

データサイエンス

「Objaverse-XLと出会ってください:1000万以上の3Dオブジェクトのオープンデータセット」

AIにおける最近のブレークスルーは、さまざまな領域の進歩においてスケールの重要性です。大規模なモデルは、言語理解、生成...

AIニュース

「二つの小さな言葉で偽の「事実」に立ち向かう」

研究者たちは、大規模言語モデル(LLM)の幻覚を減らす方法を開発しましたLLMのクエリに「によると」を含めることで

データサイエンス

「LP-MusicCapsに会ってください:データの乏しさ問題に対処するための大規模言語モデルを使用したタグから疑似キャプション生成アプローチによる自動音楽キャプション作成」

音楽のキャプション生成は、与えられた音楽トラックの自然言語による説明を生成することによる音楽情報の検索です。生成され...

データサイエンス

人工知能についての国家安全保障リーダーの教育

MITの工学部、シュワルツマン・カレッジ・オブ・コンピューティング、およびスローンエグゼクティブエデュケーションの専門家...