「組織内で責任ある効果的なAI駆動文化を作るための5つの方法」

5 ways to create a responsible and effective AI-driven culture within an organization.

人々が準備ができているかどうかに関係なく、AIはいずれやってくるのではなく、すでにここにあります。複数の組織、NGOなどからの報告によれば、AIは市場を変革する準備が整っています。しかし、あなたができることは、市場の変化に対応するために、会社を学習し準備することです。ですから、AI革命に対応するために会社が準備するためのいくつかの有益な方法を見ていきましょう。

ビジネスニーズの特定

AIは広範かつ広汎な課題に適していますが、ワンサイズフィットオールの技術ではありません。ビジネスでAIを利用し、最大の結果を得るためには、まずビジネスのニーズとAIとの関係を特定する必要があります。これにはいくつかの方法があります。まず、現在の課題を評価する必要があります。ビジネスの課題や問題点を見てください。チームに自動化が役立つ可能性のある領域はありますか?繰り返しのタスクや大量の情報構造に関連するエラーが発生する可能性のある領域はありますか?

また、予測分析とデータ分析の両方を通じてデータの洞察力を活用することもできます。これらの2つの方法を使用することで、既に持っているデータを使用してビジネスの弱点や機会を特定することができます。つまり、ビジネスのニーズを確認し、AIサービスとの関係を見てみると、オフィスを活性化するための技術が既に存在している可能性が高いです。

従業員にAIが彼らの仕事を取って代わらないことを保証する

サービスではないかもしれませんが、AIが彼らの仕事を奪うことはないという保証をチームに与えることは、士気に素晴らしい効果をもたらすことができます。労働関係に特化した心理学者でもわかるように、オフィスの士気は成功の要素の一つです。ご存知のように、AIによる労働者の置き換えに関する懸念は過去最高です。

ChatGPTやGoogleのBardなどのプログラムは、仕事を効率的に行うことができるだけでなく、モデルがどれだけ速く学習できるかという点でこれらの懸念を引き起こしています。今年初めに、マイクロソフトのCEOであるサティア・ナデラ氏は、AIに関する彼の考えを公表しました。要するに、AIは人間の才能を向上させるものであり、置き換えるものではないということです。

この哲学を守り、スタッフの能力を補完するサービスを見つけることで、従業員にAIが彼らの仕事を奪うことはないと保証することができます。また、彼らが技術をより良く活用できるようにスキルを向上させることもできます。さらに利点としては、AIを活用したチームメンバーがより多くのことを行い、より良い結果を生み出すことができるオフィスを持つこともできます。

革新の文化を創り出し、人々に新しいことを試してもらう

心配しないでください、これは紙上で思えるほど難しいことではありません。なぜなら、革新の文化を創り出し、新しいことに取り組む意欲を促すためには、単に自らがリーダーシップを発揮し始めるだけでいいからです。その場合、あなたとビジネス内のリーダーとともに。新しいアイデアを推進し、計算されたリスクを受け入れる意欲があることが重要です。これはAIサービスを実験することで簡単に実現できます!

また、心理的な安全性を育むことも重要です。従業員がアイデアを安心して共有し、失敗から学ぶことができる環境を整えてください。また、異なる部門間の協力を促進し、壁を取り払い、革新のためのリソースを提供してください。革新的な取り組みを認識し、報いること、明確な革新の目標を設定し、アイデア共有プラットフォームを導入することも重要です。このアイデアを推進するためには、多くのことができますが、信頼は成長し、それに伴いあなたが協力する才能も成長します。

データと分析に投資し、データ駆動型の組織になる

これは最初のセクションで一瞬触れられたアイデアですので、少し詳しく見てみましょう。データは単なる言葉やトレンディなアイデアではありません。競合他社が毎年何百万もの予算をデータに投資していることはご存知のとおりです。しかし、単に収集するだけでなく、データ分析と予測分析の行為です。顧客のニーズをより良く理解するために、過去のデータを使用することを想像してみてください。そして、さらに一歩進めてください。消費者の行動をある程度の確実性で予測できるとしたらどうでしょう。

さて、この情報を活用することで何ができるのでしょうか?自力ではあまりできませんが、優れたチーム、適切なスキル、そしてAIを活用することで、数年前には想像もつかなかった方法でビジネスの成功の道筋を作ることができます。だから、飛び込んでみてください。そして、あなたのビジネスがデータ駆動型の組織になる方法を学んでください。

倫理的な側面を考慮し、AIの利用に責任を持ちましょう

これまで、すべてが素晴らしいと聞こえてきたでしょうか?AIと、やる気のあるチームメンバーが組み合わさることで、私たちの急速に変化するデータ駆動型経済においては無類の成功を収めることができます。しかし、このすべてには忘れてはならない重要な側面があります – 責任あるAIです。データに関しては、ビジネスの倫理的責任を十分に理解することが重要ですが、法律が変化するにつれて、市場の良い側にとどまるためにはコンプライアンス要件に従う必要があります。

これには、従業員が責任あるAIの授業を受けるだけで、組織がデータをどのように取り扱うかの全体的なフレームワークを作ることができます。これはビジネスの規模や他の要素に依存しますが、どのような要素であっても、ビジネスがAIを提供に組み込んでいくにつれて、テクノロジーに関連する倫理を理解する必要性がますます重要になることは間違いありません。

まとめ

ご覧の通り、AIは即時の成功を提供する銀の弾や魔法の材料ではありません。しかし、限界と倫理的側面を理解している限り、ビジネスを超高速に進化させる非凡な情報を提供することができます。

しかし、どこから始めればいいのか気になるかもしれません。ここで良いニュースです。ODSC Westでは、テクノロジーを先駆けるAIの第一人者たちと出会い、交流し、学ぶ機会があります。Aix SummitやAI Expo&Demo Hall、ネットワーキングイベントも開催されます。どれもすべてのビジネスにとって貴重な洞察とつながりを提供することができます。

では、何を待っているのでしょうか?今すぐパスを手に入れてください。なくなる前に。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

「アナコンダのCEO兼共同創業者、ピーターウォングによるインタビューシリーズ」

ピーター・ワンはAnacondaのCEO兼共同創設者ですAnaconda(以前はContinuum Analyticsとして知られる)を設立する前は、ピー...

データサイエンス

「Seerの最高データオフィサーであるDr. Serafim Batzoglouによるインタビューシリーズ」

セラフィム・バツォグルはSeerのチーフデータオフィサーですSeerに加わる前は、セラフィムはInsitroのチーフデータオフィサー...

人工知能

エンテラソリューションズの創設者兼CEO、スティーブン・デアンジェリス- インタビューシリーズ

スティーブン・デアンジェリスは、エンタラソリューションズの創設者兼CEOであり、自律的な意思決定科学(ADS®)技術を用いて...

AIニュース

OpenAIのCEOであるSam Altman氏:AIの力が証明されるにつれて、仕事に関するリスクが生じる

OpenAIのCEOであるSam Altmanは、特に彼の作品であるChatGPTに関するAIの潜在的な危険性について公言してきました。最近のイ...

人工知能

「Kognitosの創設者兼CEO、ビニー・ギル- インタビューシリーズ」

ビニー・ギルは、複数の役職と企業を横断する多様で幅広い業務経験を持っていますビニーは現在、Kognitosの創設者兼CEOであり...

人工知能

Diginiのスマートセンスの社長、ガイ・イエヒアブによるインタビューシリーズ

ガイ・イハイアヴ氏は、ビジネスの成功に最も重要な資産を保護するためにインターネット・オブ・シングス(IoT)の力を活用す...