OpenAIはGPT-3.5 Turboのファインチューニングによるカスタムパワーを解放します

OpenAIはGPT-3.5 Turboのファインチューニングによるカスタムパワーを解放します' The condensed version is 'OpenAIはGPT-3.5 Turboをファインチューニングしてカスタマイズ可能にします

人工知能の絶え間なく進化する世界で、OpenAIは革命的なアップデートを解放しました。それは、私たちが機械とどのようにインタラクトするかを再定義するものです。新しい仲間はGPT-3.5 Turboで、ファインチューニングの力を前面に押し出しています。これにより、テキスト生成の能力で知られるAIが特定のタスクや振る舞いに合わせてカスタマイズできるようになり、無限の可能性が開かれます。

また読む:GPTBotの公開:OpenAIのウェブクローリングへの大胆な一手

期待を上回る:GPT-3.5 Turboの著名な特徴

GPT-3.5 Turboはただのアップグレードではありません。OpenAIは大胆にも、この軽量AIのファインチューニングバージョンが、ある特定のタスクでGPT-4と肩を並べるか、さらに優れることを主張しています。まるでお気に入りのアンダードッグが一躍チャンピオンに挑戦するようです。

AIの可能性を解き放つ:GPT-3.5 Turboの新しいカスタマイズ

GPT-3.5 Turboの登場以来、開発者やビジネスは個別のカスタマイズを望んでいました。OpenAIはその声に応えました。このアップデートにより、開発者は意図した役割で優れたモデルを作り上げることができ、ユーザーにはユニークでパーソナライズされた体験を提供することができます。特定の言語を模倣したり、回答のフォーマットを完璧にしたり、理想的なトーンを追求したりするために、GPT-3.5 Turboは今や選択肢のツールとなりました。

また読む:パーソナライズされたAIインタラクションのためのChatGPT用カスタムインストラクションの開始

無駄を削ぎ落とす:短いプロンプト、高速な結果

ここには最高の仕上げがあります:ファインチューニングによってAIはよりスマートになるだけでなく、より効率的になります。GPT-3.5 Turboを使用するビジネスは、プロンプトのサイズを縮小することでAPI呼び出しを高速化し、コストを節約することができます。初期のテストでは、ファインチューニングによってプロンプトのサイズが最大90%削減されたと報告されています。

可能性を解き放つ:輝くユースケース

ファインチューニングは単なる言葉ではなく、AIのスーパーパワーです。ブランドの声に共鳴するチャットボットや、瞬時にタグラインやソーシャル投稿を作り出す広告の天才を想像してみてください。GPT-3.5 Turboは翻訳を革新し、レポートの作成を効率化し、コードを生成し、テキストを要約することも可能です。そのポテンシャルは無限です。

また読む:10分でPythonでGPT-3.5を使用した書籍サマライザーを作成する

肝心なのは:ファインチューニングの仕組み

ファインチューニングは魔法のように聞こえますが、それは科学です。データの準備、ファイルのアップロード、OpenAIのAPIを介したファインチューニングジョブの作成がプロセスのスタートです。しかし、全てがスムーズに進むわけではありません。ファインチューニングされたデータは、安全基準を確保するためにモデレーションAPIとGPT-4パワードのモデレーションシステムによる厳格なチェックを受けます。しかし、それだけではありません!OpenAIはファインチューニングUIも導入する予定で、プロセスをよりスムーズにします。

また読む:大規模言語モデルのファインチューニングの包括的なガイド

数字を計算する:コストはいくらか?

カスタマイズには価格がかかります。AIの場合、それはトークンで測定されます。トレーニングのコストは1,000トークン当たり$0.008、入力の使用料は1,000トークン当たり$0.012、出力の使用料は1,000トークン当たり$0.016です。具体的に言うと、10万トークン(約7万5,000語)のファインチューニングジョブのコストは約$2.40になります。

AIの未来:これからも進化する

OpenAIはGPT-3.5 Turboで止まりません。ページネーションのサポートと拡張性を追加したGPT-3ベースモデルのアップグレードも注目されています。そして、2024年1月4日にはオリジナルのGPT-3ベースモデルを引退する予定です。さらに、テキストとともに画像も理解できる強力なGPT-4のためのファインチューニングも近い将来に登場予定です。

また読む:OpenAI、新しい言語モデル「GPT-5」の商標登録

私たちの意見

AIの可能性が無限である世界において、OpenAIのGPT-3.5 Turboは微調整機能を備えてゲームを変えようとしています。カスタマイズが中心にあり、このAIはイノベーションのパートナーとなり、必要に応じて自己を形成し、人間と機械の境界がますます曖昧になる未来へと導くことを約束しています。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

AIニュース

3Dプリントされたセラミックはガスタービンの燃料効率を向上させる可能性がある

研究者たちは、3Dプリントされたセラミックガスタービンは従来の金属製品よりも高い耐熱性を持っていることを発見しました

AI研究

百度のAI研究者がVideoGenを紹介:高フレーム精度で高解像度のビデオを生成できる新しいテキストからビデオを生成する手法

テキストから画像への変換(T2I)システムであるDALL-E2、Imagen、Cogview、Latent Diffusionなどは、近年大きな進歩を遂げて...

AIニュース

「Amazon SageMaker JumpStartでのテキスト生成のために、Llama 2を微調整する」

「本日は、Amazon SageMaker JumpStartを使用して、MetaによってLlama 2モデルを微調整する機能を発表できることを喜んでお知...

機械学習

メタのラマ2:商業利用のためのオープンソース言語モデルの革命化

メタは、Llama 1言語モデルの画期的な後継機である、大いに期待されているLlama 2のリリースにより、再びAIの限界を押し上げ...

AIニュース

「ウォールストリートを打ち倒すと誓われた暗号通貨が、その代わりに飲み込まれつつある」

セクターが低迷しており、厳しい新しいSECの監視を受けている中、ウォールストリートの重要なプレイヤーの一部がそれを包み込...

データサイエンス

リアルタイムでデータを理解する

このブログ投稿では、オープンソースのストリーミングソリューションであるbytewaxと、ydata-profilingを組み合わせて活用す...