「スマートな会話インターフェースのためのChatGPTとReactJSの統合」

Integration of ChatGPT and ReactJS for a smart conversation interface

技術の世界が進化し続ける中、チャットボットは多くの企業の重要な一部となり、効率的かつ個別の顧客対応を提供しています。AIを活用したチャットボットソリューションの中でも、ChatGPTは自然言語処理の能力とユーザーのクエリを文脈に沿って理解する能力で注目されています。Kommunicateは、AIを活用したチャットボットをウェブサイトやアプリケーションに統合するプロセスを簡素化する強力なプラットフォームです。これらの2つのテクノロジーを組み合わせることで、ユーザーにシームレスでインタラクティブなチャットボット体験を提供することができます。

このブログでは、Kommunicateプラットフォームを使用して、ChatGPTをReactJSに統合する方法について説明します。これにより、ウェブサイト上でのチャットボットの展開と管理が容易になります。

ステップ1:Kommunicateでアカウントをセットアップする

Kommunicateにアカウントを持っていない場合は、こちらで無料で作成することができます。

次に、Kommunicateのダッシュボードにログインし、Bot Integrationセクションに移動します。「Kommunicateでボットを作成する」をクリックします。

次に、ボットのセットアップを完了させるために、ボットの名前、言語、および人間の手渡しの設定を指定します。これらを設定した後、ボットのセットアップを完了させます。

ステップ2:ReactJSチャットボットのウェルカムメッセージとインテントを作成する

「Manage Bots」セクションに移動し、作成したボットを選択します。

次に、チャットボットのウェルカムメッセージを設定する必要があります。ウェルカムメッセージは、会話を開始するユーザーにチャットボットが送信する最初のメッセージです。「Welcome Message」セクションをクリックし、チャットボットがユーザーがチャットボットを開いたときに表示するメッセージを入力し、ウェルカムインテントを保存します。

開始するには、「+追加」ボタンをクリックし、「インテント名」を指定します。「Step 1: ユーザーが言う」という項目で、チャットボットの応答をトリガーするフレーズ/質問を指定する必要があります。「Step 2: ボットの応答」という項目では、チャットボットのユーザーのメッセージに対する応答を指定する必要があります。チャットボットをよりインタラクティブにするために、複数の回答と追加の応答を追加することができます。

ステップ3:ChatGPTをアクティベートする

同じページに、⚙️設定(ページの右上隅)があります。

設定をクリックし、「OpenAI ChatGPTと接続する」というオプションを有効にします。

そして最後に、Small Talk(同じページの最後のオプション)を無効にします。

ステップ4:ReactJSアプリにKommunicateチャットボットをインストールする

ReactウェブサイトまたはプロジェクトにKommunicateチャットウィジェットを統合する方法は2つあります。以下はその1つです。

新しいReactJSプロジェクトを作成する

既にNode.jsとnpmがインストールされていることを前提として、ターミナルを開き、Create React Appを使用して新しいReactJSプロジェクトを作成します:

npx create-react-app my-app

今、my-appフォルダに移動します。

cd my-app

npmコマンドを使用してKommunicateチャットウィジェットパッケージをインストールする

  • 以下のnpmコマンドを使用してKommunicateチャットウィジェットパッケージをインストールします:

npm i @kommunicate/kommunicate-chatbot-plugin

  • パッケージをインストールしたら、以下のコードを使用してindex.jsファイルにインポートします

Import Kommunicate from “@kommunicate/kommunicate-chatbot-plugin“;

  • 次に、以下のコードをindex.jsファイルに追加します

APP_IDを追加してください。ここからAPP_IDを取得できます。

  • アプリケーションを実行

  • ChatGPTパワードのチャットボットをReactJSに統合したので、実際に動作させてみましょう。ターミナルで開発サーバーを起動するには、次のコマンドを実行します。

  • npm start

訪問者はチャットボットと対話することができ、Kommunicateが対話の側面を処理します。

ReactJSアプリをKommunicateに統合する方法について詳しく知りたい場合は、当社のドキュメンテーションをご覧ください。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

「マーシャンの共同創設者であるイータン・ギンスバーグについてのインタビューシリーズ」

エタン・ギンズバーグは、マーシャンの共同創業者であり、すべてのプロンプトを最適なLLMに動的にルーティングするプラットフ...

人工知能

「Zenの共同創設者兼CTO、イオン・アレクサンドル・セカラ氏によるインタビューシリーズ」

創業者兼CTOであるIon-Alexandru Secaraは、Zen(PostureHealth Inc.)の開発を牽引しており、画期的な姿勢矯正ソフトウェア...

データサイエンス

「David Smith、TheVentureCityの最高データオフィサー- インタビューシリーズ」

デビッド・スミス(別名「デビッド・データ」)は、TheVentureCityのチーフデータオフィサーであり、ソフトウェア駆動型のス...

人工知能

「UVeyeの共同設立者兼CEO、アミール・ヘヴェルについてのインタビューシリーズ」

アミール・ヘヴァーは、UVeyeのCEO兼共同創設者であり、高速かつ正確な異常検出により、自動車およびセキュリティ産業に直面...

人工知能

ジョナサン・ダムブロット、Cranium AIのCEO兼共同創設者- インタビューシリーズ

ジョナサン・ダムブロットは、Cranium AIのCEO兼共同創業者ですCranium AIは、サイバーセキュリティおよびデータサイエンスチ...

データサイエンス

アステラソフトウェアのCOO、ジェイ・ミシュラ - インタビューシリーズ

ジェイ・ミシュラは、急速に成長しているエンタープライズ向けデータソリューションの提供企業であるAstera Softwareの最高執...