AI生成コンテンツ:クリエイターにとってこれは何を意味するのか?

AI生成コンテンツ:クリエイターへの意味は?

ここ数年で人気を集めている生成AIは、私たちの予想を超えて様々な産業に浸透してきました。多くのスタートアップ企業や大手テック企業が、生成AIソリューションを迅速に市場に参入しています。例えば、マイクロソフトのBingへのDALL-Eの統合やMetaのVoiceboxなどは、高品質のAI生成コンテンツを生み出すことができる一部の例です。

これはただの一部に過ぎません。市場には既にビデオコンテンツ、音楽、音声、テキストを生成するための多数のAIツールが存在しています。

AIが幅広い現実的なコンテンツを生成する能力を獲得するにつれて、コンテンツクリエイターへの影響に関する懸念が浮上しています。例えば、アーティストたちは、AI画像生成器が彼らの作品を許可や報酬なしで使用していることに抗議しています。

したがって、本記事では、AI生成メディアがコンテンツクリエイターの作業に与える影響について触れていきます。

合成メディア-プロのクリエイターにとっての脅威?

AI生成コンテンツ(ディープフェイクや写真リアリスティックな画像やビデオなど)がインターネット上に氾濫する中、クリエイターは生成AIの能力についてますます心配になっています。ここでの主な問題は次のようなものです:AIが人間のクリエイターよりもはるかに早くプロのコンテンツを作成できるので、将来の人間のクリエイターはどうなるのでしょうか?現在の状況を評価してみましょう。

AI生成された音声の急速な進化は、驚くほどの正確さで人間の声を模倣する大きなポテンシャルを示しています。俳優や脚本家のためのハリウッドの労働組合は、AIシステムが最終的に彼らを置き換えることを心配しています。また、彼らの創造的な作品がこれらのAIシステムのトレーニングに使用されていることも心配しています。労働組合は、AIの使用は開示され、関連する俳優、脚本家、パフォーマーが契約に基づいて報酬を受け取るべきだと主張しています。

他の多くのプラットフォームもAI生成コンテンツを支持し始めています。例えば、ShutterstockはOpenAIの協力を得て、AI生成のストックイメージを販売することを発表しました。これにより、画像を生成するために使用されたAIモデルであるDALL-E2が、そのモデルのトレーニングに使用された同じアーティストの作品と競合するコンテンツを生み出す可能性に懸念が生じます。この問題を解決するため、ShutterstockはAIアートモデルによって影響を受けたクリエイターに補償を約束しています。

Adobeもまた、Generative AIを取り入れ、デジタルクリエイターやアーティストの間で論争を引き起こしています。したがって、Adobeは著作権問題に対するクリエイターの懸念を軽減するために、Fireflyと呼ばれるクリエイターフレンドリーなツールのファミリーを導入しました。

AI生成コンテンツの台頭により、所有権の境界線が曖昧になり、アーティストやクリエイターの間で騒動が起きています。例えば、5月4日に、ドレイクとザ・ウィークエンドが制作したとされる曲「Heart On My Sleeve」がTikTokで公開され、プラットフォーム上で約1500万回再生されました。しかし、さらなる調査の結果、この曲はアーティストのいずれも制作していないことが判明しました。代わりに、TikTokのユーザーがAIを使用して作成したものでした。

ドレイクの音楽を管理している音楽会社であるUniversal Music Groupは、この曲のリンクを削除しようと試みましたが、既にインターネット上に広まっています。この事件は、AIメディアの著作権法の課題と実装を浮き彫りにしました。

米国著作権庁によると、著作権法は一般的に人間の創作者と関連付けられます。その結果、AIによって完全に作成された作品は、通常、著作権の保護の対象とはなりません。

ただし、AI生成コンテンツには通常、ある形式で人間の影響が含まれているため、著作権法が適用される可能性があります。例えば、AIシステムが人間が生成したデータや現実世界のデータを使用してトレーニングされている場合、著作権の所有権を判断する必要があります。これは、そのようなシステムの結果が通常著作権法で保護される派生作品に該当する可能性があるためです。

したがって、現在、法的システムはGenerative AIソリューションの微妙なニュアンスと、それらが個人の創造的権利にどのような影響を与えるかを把握しようとしています。

人間の創造性

他のことはさておき、AIでは現時点では人間の創造性を置き換えることはできません。それには感情や個人の経験、情熱が必要です。

また、すべてのAIモデルや製品は、インターネットからスクレイピングされたデータまたはオフラインでキュレーションされたデータに基づいています。したがって、AIモデルは訓練されたデータに基づいてしか創造的ではありません。新しい芸術スタイルやリズム、ストーリーラインを発明する能力はありません。

AIがより一般的になるにつれて、当局はクリエイターやアーティストを保護するためのガイドラインと境界線を設定する必要があります。ただし、これは技術のイノベーションを妨げることなく進める必要があるため、難しい課題となります。人工知能と人間の知性を組み合わせることで、新たな創造の可能性が広がるでしょう。

AIの進歩に関する詳細情報は、unite.aiをご覧ください。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

『ジュリエット・パウエル&アート・クライナー、The AI Dilemma – インタビューシリーズの著者』

『AIのジレンマ』は、ジュリエット・パウエルとアート・クライナーによって書かれましたジュリエット・パウエルは、著者であ...

人工知能

「トリントの創設者兼CEO、ジェフ・コフマンへのインタビューシリーズ」

ジェフ・コーフマンは、ABC、CBS、CBCニュースで30年のキャリアを持った後、Trintの創設者兼CEOとなりましたジェフは手作業の...

機械学習

「機械学習 vs AI vs ディープラーニング vs ニューラルネットワーク:違いは何ですか?」

テクノロジーの急速な進化は、ビジネスが効率化のために洗練されたアルゴリズムにますます頼ることで、私たちの日常生活を形...

人工知能

「アナコンダのCEO兼共同創業者、ピーターウォングによるインタビューシリーズ」

ピーター・ワンはAnacondaのCEO兼共同創設者ですAnaconda(以前はContinuum Analyticsとして知られる)を設立する前は、ピー...

人工知能

「ジンディのCEO兼共同創設者、セリーナ・リー― インタビューシリーズ」

「Celina Leeは、ZindiのCEO兼共同創設者であり、アフリカのデータサイエンティスト向けの最大の専門ネットワークです Celina...

人工知能

ムーバブルインクのCEO兼共同創設者であるヴィヴェク・シャルマ氏についてのインタビュー・シリーズ

ビヴェクは2010年にムーバブルインクを共同設立し、急速な成長を遂げながら、600人以上の従業員を擁し、世界有数の革新的なブ...