「AIにおける説明可能性の勾配の必要性」

AIの説明可能性勾配の必要性

詳細が多すぎると圧倒されますが、十分な詳細がないと誤解を招くことがあります。

Photo by No Revisions on Unsplash

「いかなる進んだ技術も魔法と区別できない」- アーサー・C・クラーク

自動運転車、コンピュータビジョン、そして最近では大規模な言語モデルの進歩により、科学は時に魔法のように感じられることがあります!モデルは日々複雑化しており、新たな観客に複雑なモデルを説明しようとして、手を振ってバックプロパゲーションやニューラルネットワークについてつぶやくことが誘惑されることもあります。しかし、AIモデルの説明、予想される影響、潜在的なバイアスを説明する必要があり、それが説明可能なAIの役割です。

過去10年間におけるAI手法の爆発的な発展により、ユーザーは与えられた回答を疑問視せずに受け入れるようになりました。アルゴリズムの全体的なプロセスは、しばしばブラックボックスとして説明され、それを開発した研究者たちでさえ、モデルが特定の結果に至るまでの過程を理解することは常に容易ではありません。企業は利用している異なるシステムの公平さ、透明性、および基本的な意思決定プロセスを特徴付ける必要があります。このアプローチは、AIシステムに対する責任あるアプローチをもたらすだけでなく、技術の採用を促進します(https://www.mckinsey.com/capabilities/quantumblack/our-insights/global-survey-the-state-of-ai-in-2020)。

AIの説明可能性における最も困難な部分の1つは、説明される対象の境界を明確に定義することです。経営者とAI研究者は、必要な情報の量や受け入れるレベルが異なります。明快な説明と可能なすべての異なるパスの間で適切な情報レベルを見つけるには、多くのトレーニングとフィードバックが必要です。一般的な信念とは異なり、説明の数学や複雑さを排除しても意味のないものにはなりません。確かに、過度に簡単化して深い理解を持っていると思わせるリスクがあります。ただし、適切な技術の使用により、適切なレベルで明確な説明が可能となり、その結果として他のデータサイエンティストなどに質問するようなことが求められるでしょう。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

『DeepHowのCEO兼共同創業者、サム・ジェン氏によるインタビューシリーズ』

ディープハウのCEO兼共同創設者であるサム・ジェンは、著名な投資家から支持される急速に進化するスタートアップを率いていま...

人工知能

「マーシャンの共同創設者であるイータン・ギンスバーグについてのインタビューシリーズ」

エタン・ギンズバーグは、マーシャンの共同創業者であり、すべてのプロンプトを最適なLLMに動的にルーティングするプラットフ...

人工知能

ファイデムのチーフ・プロダクト・オフィサー、アルパー・テキン-インタビューシリーズ

アルパー・テキンは、FindemというAI人材の獲得と管理プラットフォームの最高製品責任者(CPO)ですFindemのTalent Data Clou...

人工知能

「aiOlaのCEO兼共同創設者、アミール・ハラマティによるインタビューシリーズ」

アミール・ハラマティは、aiOlaのCEO兼共同創業者であり、スピーチを作業可能にし、どこでも完全な正確さで業界固有のプロセ...

人工知能

「ゲイリー・ヒュースティス、パワーハウスフォレンジクスのオーナー兼ディレクター- インタビューシリーズ」

ゲイリー・ヒュースティス氏は、パワーハウスフォレンジックスのオーナー兼ディレクターであり、ライセンスを持つ私立探偵、...

AIテクノロジー

「LXTのテクノロジーバイスプレジデント、アムル・ヌール・エルディン - インタビューシリーズ」

アムル・ヌール・エルディンは、LXTのテクノロジー担当副社長ですアムルは、自動音声認識(ASR)の文脈での音声/音響処理と機...