「あなたも使えるAIの実用的な5つの方法」

5 Practical Ways to Use AI That You Can Use Too

ChatGPTのリリースによって公の場での採用がされたことから、AIはデータサイエンスの専門家に限られないことが分かりました。労働者、マネージャー、学生など、さまざまな業界の人々が、AIと生成的AIツールを自分たちのツールキットに取り入れることの利点を見出しています。これらのツールは、プロジェクト管理、コミュニケーション、計画などの場面で役立っています。しかし、人工知能を使用するという考えは、まだ一部の人々には理解できないものであり、その使用に関連する恐怖があるかもしれません。

そこで、非データサイエンスの専門家がプロジェクトを強化するために人工知能の力をどのように活用しているかを見てみましょう。

非営利団体

非営利団体の重要な側面は、資金集めの必要性です。ほとんどの企業とは異なり、非営利団体はサービスや製品を販売していないように法的に構成されています。彼らの存在は、寄付者が資源(しばしば資本の形で)を提供する意思によってもたらされ、これらの団体が機能し、目標を達成することができるようになっています。

では、AIが風景をどのように変えているのでしょうか?実際、非営利団体はAIを使用して寄付のアピールを個別化し、潜在的な寄付者を特定し、プログラムの影響を追跡しています。DonorPerfect、GivingDNAなどのツールを使用して、寄付者データベースを整理し、見込み客を特定し、寄付を依頼するタイミングを最適化することができます。

中小企業

AIの大きな利点が大企業にあることは多くの人が指摘していますが、同様に利益を得ることができる別のグループは、小規模事業界の中小企業です。これは、AIがタスクの自動化、顧客サービスの向上、ターゲットマーケティングキャンペーンなどを通じて、小規模事業が大規模事業と同じレベルの投資をせずに成果を上げるのに役立つからです。

HubSpotなどのCRMなどのツールが、AIを活用した機能をさらに統合しているため、小規模事業はより多くの顧客にアプローチし、優れたサービスを提供することができるようになっています。

学校/教育

AIと教育は敵同士のように思えるかもしれませんが、Khan AcademyとOpenAIのパートナーシップが示すように、必ずしもそうではありません。小規模事業と同様に、AIは学校においても、生徒の教育に関連するコストを削減し、より個別化された学習体験を提供するのに役立つことができます。

世界中の学校は、LearnUpon、360Learning Tovuti、Litmosなどのプラットフォームを活用して、学生の成果を向上させ、学生のニーズを特定し、遅れる可能性がある生徒に必要な支援を提供する方法を探っています。

病院

昨年以来、世界中の研究者が機械学習とAIを利用して新しい先端研究を支援しているニュースがあります。薬剤の発見から潜在的に致命的な疾患の特定の改善まで、AIは医学に大きく普及しています。しかし、多くの人々が気付かなかったのは、AIが病院内でも使われていることです。最近数年間、多くのエンタープライズリソースプラットフォームが市場に参入し、病院が連邦および州の法令に適合しながら業務を最適化するのを支援しようとしています。

これらのプラットフォームはそれぞれ異なりますが、アプローチとミッションには類似点があります。データに関連するコンプライアンス要件を優れたワークフローで達成しながら、患者の結果、体験、ケアを最適化することです。

PINC AI、Qualetics、Oracleなどの有名なプロバイダーがあります。

輸送

パンデミックが示した一つのことは、サプライチェーンと輸送は予想外の問題に直面すると簡単に圧倒されるということです。しかし、これらの新しい市場状況のために、AIは輸送とサプライチェーンの両方で重要なツールとして急速に広まっています。企業は、ルートの最適化、ドライバーの安全性の向上、さらには遅延の予測とドライバーのルートの適切な変更に機械学習を使用しています。

これは興奮することではないかもしれませんが、AIは製品が時間通りに安全に低コストで届くことを保証するのに役立っています。AIを活用したツールを使用することで、2020年以降のサプライチェーンで見られるストレスが最終的に減少し始めています。これにより、経済全体がより良い状況になり、より強靭になり、人間によるCO2排出を削減する一助となっています。ルートの最適化と安全性の向上により、輸送サービスの環境への影響も低減されます。道路上での時間が短くなるため、事故の発生機会が減り、燃料の使用量が減少し、道路自体の摩耗も軽減されます。

現在、Axon Software、Rose Rocket、Alvys、drayOSなどのベンダーが、AIをさらに運輸業界に拡大するのを支援しています。

AIの使用に関する結論

かなりすごいですよね?これらは、従来AIと関連のない産業が、サービス、機能、影響力の向上手段としてAIに目を向けている一部の例に過ぎません。AIが拡大し、新しいツールがリリースされ続けるにつれて、規模に関係なく、より多くの企業が人工知能の利益を見て、それからこれらのツールに目を向けて、自社の提供を大幅に強化するでしょう。

さて、もしもビジネスがAIを全体的なビジネス構造に導入しようとする企業についてもっと知りたいと思ったら、ODSC West 2023でのAix Summitをお見逃しなく。10月31日から11月1日まで、ビジネスとイノベーションが出会う場所になります。

30以上のビジネストークとネットワーキングの機会を楽しんでください。これにより、AIを先駆ける1,700以上の企業の代表者と交流するチャンスが得られます。ODSC West 2023に参加しましょう。

今日AiXパスを入手してください!

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

スコット・スティーブンソン、スペルブックの共同創設者兼CEO- インタビューシリーズ

スコット・スティーブンソンは、Spellbookの共同創設者兼CEOであり、OpenAIのGPT-4および他の大規模な言語モデル(LLM)に基...

人工知能

ピーター・マッキー、Sonarの開発者担当責任者-インタビューシリーズ

ピーター・マッキーはSonarのDeveloper Relationsの責任者です Sonarは、悪いコードの1兆ドルの課題を解決するプラットフォー...

人工知能

「ナレ・ヴァンダニャン、Ntropyの共同創設者兼CEO- インタビューシリーズ」

Ntropyの共同創設者兼CEOであるナレ・ヴァンダニアンは、開発者が100ミリ秒未満で超人的な精度で金融取引を解析することを可...

人工知能

ディープAIの共同創業者兼CEO、ケビン・バラゴナ氏- インタビューシリーズ

ディープAIの創設者であるケビン・バラゴナは、10年以上の経験を持つプロのソフトウェアエンジニア兼製品開発者です彼の目標...

人工知能

「アナコンダのCEO兼共同創業者、ピーターウォングによるインタビューシリーズ」

ピーター・ワンはAnacondaのCEO兼共同創設者ですAnaconda(以前はContinuum Analyticsとして知られる)を設立する前は、ピー...

人工知能

「マーシャンの共同創設者であるイータン・ギンスバーグについてのインタビューシリーズ」

エタン・ギンズバーグは、マーシャンの共同創業者であり、すべてのプロンプトを最適なLLMに動的にルーティングするプラットフ...