「初心者向けの14のエキサイティングなPythonプロジェクトのアイデアとトピック」

「初心者向けの14の魅力的なPythonプロジェクトアイデアとトピック」

Pythonはデータサイエンスのプロフェッショナルにとって欠かせないツールであり、データ分析、機械学習、科学計算において重要な役割を果たしています。初心者から経験豊富な実践者まで、Pythonのプログラミングスキルを向上させることは継続的な学習の旅です。この記事は、データサイエンスの愛好家のニーズに特化した14のエキサイティングなPythonプロジェクトのアイデアへの入り口です。これらのプロジェクトは、Pythonのスキル向上だけでなく、データ駆動の取り組みで応用できる実用的なアプリケーションを作成するユニークな機会を提供します。

さあ、Pythonプロジェクトの旅を始めましょう!

電卓

初心者向けのPythonプロジェクトのアイデアとして、基本的な電卓を作成することがあります。このプログラムは、加算、減算、乗算、除算などの基本的な数学的操作を実行します。メモリ機能や履歴追跡のような機能を追加することでさらに充実させることができます。電卓を作ることは、Pythonの基本的な構文と数学的操作の練習になります。

Pythonコード

def add(x, y):    return x + ydef subtract(x, y):    return x - ydef multiply(x, y):    return x * ydef divide(x, y):    if y == 0:        return "ゼロで割ることはできません"    return x / ywhile True:    print("オプション:")    print("加算するには 'add' と入力してください")    print("減算するには 'subtract' と入力してください")    print("乗算するには 'multiply' と入力してください")    print("除算するには 'divide' と入力してください")    print("プログラムを終了するには 'exit' と入力してください")    user_input = input(": ")    if user_input == "exit":        break    if user_input in ("add", "subtract", "multiply", "divide"):        num1 = float(input("最初の数値を入力してください: "))        num2 = float(input("2番目の数値を入力してください: "))        if user_input == "add":            print("結果: ", add(num1, num2))        elif user_input == "subtract":            print("結果: ", subtract(num1, num2))        elif user_input == "multiply":            print("結果: ", multiply(num1, num2))        elif user_input == "divide":            print("結果: ", divide(num1, num2))    else:        print("無効な入力です")

ToDoリスト

ToDoリストアプリケーションは、タスクの整理に便利なツールです。ユーザーがタスクを追加、削除、表示できる基本的なPythonプログラムを作成してください。このシンプルなプロジェクトは、初心者がデータの保存と操作を理解するのに役立ちます。進んでいくと、期限や優先度などの機能を追加して、個人のタスク管理に役立つ貴重なツールにできます。

Pythonコード

#タスクを保存するための空のリストを定義tasks = []def add_task(task):    tasks.append(task)    print("タスクが追加されました:", task)def delete_task(task):    if task in tasks:        tasks.remove(task)        print("タスクが削除されました:", task)    else:        print("タスクが見つかりませんでした")def view_tasks():    if not tasks:        print("リストにタスクがありません")    else:        print("タスク:")        for index, task in enumerate(tasks, start=1):            print(f"{index}. {task}")while True:    print("オプション:")    print("タスクを追加するには 'add' と入力してください")    print("タスクを削除するには 'delete' と入力してください")    print("タスクを表示するには 'view' と入力してください")    print("プログラムを終了するには 'exit' と入力してください")    user_input = input(": ")    if user_input == "exit":        break    elif user_input == "add":        task = input("タスクを入力してください: ")        add_task(task)    elif user_input == "delete":        task = input("削除するタスクを入力してください: ")        delete_task(task)    elif user_input == "view":        view_tasks()    else:        print("無効な入力です")

数当てゲーム

「数当てゲーム」は、コンピュータがランダムな数を選び、プレイヤーの目標はその数を当てることです。プレイヤーは推測を入力し、プログラムはヒントを提供し、ゲームを進めることで次第に難しくします。これは魅力的で教育的なプロジェクトであり、乱数生成やユーザーとのインタラクションの理解を高めます。

Pythonコード

import random# 1から100までのランダムな数を生成secret_number = random.randint(1, 100)attempts = 0print("数当てゲームへようこそ!")print("1から100までの数を思い浮かべています。")while True:    try:        guess = int(input("あなたの推測: "))        attempts += 1        if guess < secret_number:            print("もっと大きな数を試してみてください。")        elif guess > secret_number:            print("もっと小さな数を試してみてください。")        else:            print(f"おめでとうございます!{attempts}回で当てました。")            break    except ValueError:        print("無効な入力です。1から100までの数を入力してください。")print("プレイしていただき、ありがとうございました!")

基本的なウェブスクレイパー

Pythonで基本的なウェブスクレイパーを作成して、ウェブサイトからデータを抽出します。このプロジェクトは、ウェブスクレイピングの概念とHTTPリクエストを理解するのに役立ちます。まずはシンプルなウェブページから情報を取得し、徐々により複雑なスクレイピングのタスクに進んでいきます。このプロジェクトは、Pythonを使用したデータ取得と操作に関する貴重な知見を提供します。

Pythonコード

import requestsfrom bs4 import BeautifulSoup# スクレイピングしたいウェブページのURLurl = "https://example.com"# URLにHTTP GETリクエストを送信response = requests.get(url)# リクエストが成功したかをチェックする(ステータスコード 200)if response.status_code == 200:    # BeautifulSoupを使ってページのHTMLコンテンツをパースする    soup = BeautifulSoup(response.text, 'html.parser')    # ウェブページからデータを抽出する(例:すべてのリンクをスクレイピングする場合)    links = []    for link in soup.find_all('a'):        links.append(link.get('href'))    # スクレイピングしたデータを表示する(この場合はリンク)    for link in links:        print(link)else:    print("ウェブページの取得に失敗しました。ステータスコード:", response.status_code)

ワードカウンター

ワードカウンターはテキスト内の単語数をカウントするプログラムを作成するシンプルなPythonプロジェクトです。これは初心者向けの優れた演習であり、文字列の操作や基本的なテキスト分析について学ぶのに役立ちます。後で文字数、文数、または段落数をカウントするために拡張することもでき、より多目的なツールになります。

Pythonコード

def count_words(text):    # 空白を区切り文字としてテキストを単語に分割する    words = text.split()    return len(words)# ユーザーからテキスト入力を受け取るtext = input("テキストを入力してください:")# count_words関数を呼び出して単語をカウントするword_count = count_words(text)# 単語のカウントを表示するprint(f"単語数: {word_count}")

ハングマンゲーム

ハングマンゲームは、Pythonで生み出された古典的な単語当てゲームです。この魅力的なプロジェクトでは、プレーヤーが文字ごとに単語を予想しようとします。プログラムにはさまざまな単語の選択肢やスコアリングシステムが含まれることができ、初心者にとってエンターテイニングで教育的なプロジェクトになります。

Pythonコード

import random# 選択肢となる単語のリストwords = ["python", "hangman", "computer", "programming", "challenge"]# ランダムな単語を選ぶための関数def choose_word():    return random.choice(words)# 現在の状態をブランクで表示するための関数def display_word(word, guessed_letters):    display = ""    for letter in word:        if letter in guessed_letters:            display += letter        else:            display += "_"    return display# ハングマンをプレイするための関数def play_hangman():    word_to_guess = choose_word()    guessed_letters = []    attempts = 6    print("ハングマンへようこそ!")    while attempts > 0:        print("\n単語: " + display_word(word_to_guess, guessed_letters))        print("残りの試行回数:", attempts)        guess = input("文字を予想してください:").lower()        if len(guess) == 1 and guess.isalpha():            if guess in guessed_letters:                print("その文字は既に予想されています。")            elif guess in word_to_guess:                print("正解です!")                guessed_letters.append(guess)                if set(word_to_guess).issubset(set(guessed_letters)):                    print("おめでとうございます!単語を当てました:", word_to_guess)                    break            else:                print("不正解です!")                guessed_letters.append(guess)                attempts -= 1        else:            print("無効な入力です。単一の文字を入力してください。")    if attempts == 0:        print("試行回数がなくなりました。単語は次の通りです:", word_to_guess)# ゲームプレイを開始するplay_hangman()

シンプルな目覚まし時計

シンプルな目覚まし時計プロジェクトでは、ユーザーがアラームを設定できるPythonアプリケーションを作成します。スヌーズやストップなどのオプションも備えています。これは初心者がPythonで時刻と日付の処理に入門するための優れたプロジェクトです。この実践的な経験は、より複雑なアプリケーションの基礎を築き、実際のプログラミングスキルを身につけるのに役立ちます。

Pythonコード

import timeimport winsound# アラームを設定するための関数def set_alarm():    alarm_time = input("アラームの時刻を入力してください(HH:MM):")    while True:        current_time = time.strftime("%H:%M")        if current_time == alarm_time:            print("起きてください!")            winsound.Beep(1000, 1000)  # 1秒間ビープ音を鳴らす            break# スヌーズ機能のための関数def snooze_alarm():    snooze_time = 5  # 5分のスヌーズ    alarm_time = time.time() + snooze_time * 60    while time.time() < alarm_time:        pass    print("スヌーズ時間が終了しました。起きてください!")    winsound.Beep(1000, 1000)  # 1秒間ビープ音を鳴らす# アラームを停止するための関数def stop_alarm():    print("アラームが停止しました")# アラーム時計のメインループwhile True:    print("オプション:")    print("アラームを設定するには '1' を入力してください")    print("アラームをスヌーズするには '2' を入力してください")    print("アラームを停止するには '3' を入力してください")    print("終了するには '4' を入力してください")    choice = input(": ")    if choice == '1':        set_alarm()    elif choice == '2':        snooze_alarm()    elif choice == '3':        stop_alarm()    elif choice == '4':        break    else:        print("無効な入力です。有効なオプションを入力してください。")

ダイスローラー

ダイスローラープロジェクトは、ダイスを振ることをシミュレートするPythonの楽しい試みです。ランダムな数値生成により、標準の6面ダイスからより珍しい種類のダイスまで、さまざまな種類のダイスを振ることができます。Pythonの乱数生成機能に深く入り込んで、対話的なダイスローリング体験を作り上げるシンプルで楽しい方法です。

Pythonコード

import random

def roll_dice(sides):
    return random.randint(1, sides)

while True:
    print("オプション:")
    print("ダイスを振るには 'roll' と入力してください")
    print("プログラムを終了するには 'exit' と入力してください")
    user_input = input(": ")
    if user_input == "exit":
        break
    if user_input == "roll":
        sides = int(input("ダイスの面の数を入力してください: "))
        result = roll_dice(sides)
        print(f"{sides}面ダイスを振りました! 結果は: {result}")
    else:
        print("無効な入力です。有効なオプションを入力してください。")

マッドリブジェネレーター

マッドリブジェネレーターは、創造的で楽しいPythonプロジェクトです。ユーザーに名詞、動詞、形容詞などのさまざまな単語タイプを入力してもらい、それらの単語を使っておもしろいストーリーを生成します。このプロジェクトは、文字列の操作とユーザーとの対話における優れた練習となります。Pythonプログラミングの世界を探索する遊び心のある方法です。

Pythonコード

# マッドリブスのストーリーテンプレートを定義
mad_libs_template = "昔々、{形容詞}な{場所}に、{動物}が住んでいました。それは{形容詞}で{色}の{動物}でした。ある日、{動物}は{場所}まで{動詞}に行き、{形容詞}な{人物}に出会いました。彼らはすぐに親友になり、{動詞}して{名詞}を{動詞}する冒険に出かけました。"

# ユーザーの入力を格納するための辞書を作成
user_inputs = {}

# ユーザーからの入力を受け取るための関数
def get_user_input(prompt):
    value = input(prompt + ": ")
    return value

# テンプレート内のプレースホルダーをユーザーの入力で置き換える
def generate_mad_libs_story(template, inputs):
    story = template.format(**inputs)
    return story

# マッドリブスのためのユーザーの入力を取得する
for placeholder in ["形容詞", "場所", "動物", "色", "動詞", "人物", "名詞"]:
    user_inputs[placeholder] = get_user_input(f"{placeholder}を入力してください")

# マッドリブスのストーリーを生成する
mad_libs_story = generate_mad_libs_story(mad_libs_template, user_inputs)

# 生成されたストーリーを表示する
print("\nあなたのマッドリブスのストーリーです:")
print(mad_libs_story)

パスワードジェネレーター

パスワードジェネレータープロジェクトは、ユーザーの設定に基づいて強固で安全なパスワードを生成するPythonプログラムを作成することを目的としています。ユーザーはパスワードの長さや文字の種類などのパラメータを指定でき、プログラムは頑丈なパスワードを出力します。これにより、オンラインアカウントや個人データのセキュリティが向上します。

Pythonコード

import random
import string

def generate_password(length, use_uppercase, use_digits, use_special_chars):
    characters = string.ascii_lowercase
    if use_uppercase:
        characters += string.ascii_uppercase
    if use_digits:
        characters += string.digits
    if use_special_chars:
        characters += string.punctuation
    if len(characters) == 0:
        print("エラー: 文字タイプが選択されていません。少なくとも1つのオプションを有効にしてください。")
        return None
    password = ''.join(random.choice(characters) for _ in range(length))
    return password

def main():
    print("パスワードジェネレーター")
    while True:
        length = int(input("パスワードの長さを指定してください: "))
        use_uppercase = input("大文字の文字を使用しますか? (はい/いいえ): ").lower() == "はい"
        use_digits = input("数字を使用しますか? (はい/いいえ): ").lower() == "はい"
        use_special_chars = input("特殊文字を使用しますか? (はい/いいえ): ").lower() == "はい"
        password = generate_password(length, use_uppercase, use_digits, use_special_chars)
        if password:
            print("生成されたパスワード:", password)
        another = input("別のパスワードを生成しますか? (はい/いいえ): ").lower()
        if another != "はい":
            break

if __name__ == "__main__":
    main()

基本テキストエディター

基本テキストエディターは、プレーンテキスト文書を作成および編集するためのシンプルなソフトウェアアプリケーションです。タイピング、コピー、切り取り、貼り付け、基本的な書式設定などの基本的な機能を提供します。ワードプロセッサの高度な機能に欠けていますが、軽量で使いやすく、メモ作成やコードの記述などのタスクに適しています。Windowsの「メモ帳」やmacOSの「テキストエディット」などの代表的な例があり、ミニマリストなテキスト操作のための使いやすい環境を提供します。

Python Code

import tkinter as tkfrom tkinter import filedialogdef new_file():    text.delete(1.0, tk.END)def open_file():    file_path = filedialog.askopenfilename(filetypes=[("Text Files", "*.txt")])    if file_path:        with open(file_path, "r") as file:            text.delete(1.0, tk.END)            text.insert(tk.END, file.read())def save_file():    file_path = filedialog.asksaveasfilename(defaultextension=".txt", filetypes=[("Text Files", "*.txt")])    if file_path:        with open(file_path, "w") as file:            file.write(text.get(1.0, tk.END))# メインウィンドウを作成root = tk.Tk()root.title("Basic Text Editor")# メニューを作成menu = tk.Menu(root)root.config(menu=menu)file_menu = tk.Menu(menu)menu.add_cascade(label="ファイル", menu=file_menu)file_menu.add_command(label="新規作成", command=new_file)file_menu.add_command(label="開く", command=open_file)file_menu.add_command(label="保存", command=save_file)file_menu.add_separator()file_menu.add_command(label="終了", command=root.quit)# テキストエリアを作成text = tk.Text(root, wrap=tk.WORD)text.pack(expand=True, fill="both")# GUIメインループを開始root.mainloop()

ミニウェザーアプリ

ミニウェザーアプリは、迅速な天気情報を提供するコンパクトなツールです。ユーザーは簡潔なインターフェースで現在の状態や予報を確認することができます。気温、降水量、風速などの重要な情報を提供し、ユーザーがいつでも最新の天気情報を把握できるようにします。この軽量アプリは、不要な情報を排除してすばやく天気情報を得たい人に最適です。

Python Code

import requestsdef get_weather(city, api_key):    base_url = "https://api.openweathermap.org/data/2.5/weather"    params = {        "q": city,        "appid": api_key,        "units": "metric"  # 華氏に変換する場合は"imperial"に変更    }    response = requests.get(base_url, params=params)    if response.status_code == 200:        weather_data = response.json()        temperature = weather_data["main"]["temp"]        description = weather_data["weather"][0]["description"]        humidity = weather_data["main"]["humidity"]        wind_speed = weather_data["wind"]["speed"]        print(f"{city}の天気:")        print(f"気温: {temperature}°C")        print(f"天候: {description}")        print(f"湿度: {humidity}%")        print(f"風速: {wind_speed} m/s")    else:        print("天気データの取得に失敗しました。都市名とAPIキーを確認してください。")def main():    print("ミニウェザーアプリ")    city = input("都市名を入力してください: ")    api_key = input("OpenWeatherMapのAPIキーを入力してください: ")    get_weather(city, api_key)if __name__ == "__main__":    main()

基本的なペイントアプリケーション

基本的なペイントアプリケーションは、ブラシ、色、形などのさまざまなツールを使用してデジタル画像を作成および編集する使いやすいソフトウェアです。シンプルなグラフィックデザインやデジタルアートに最適で、基本的な描画、塗りつぶし、画像の基本的な操作機能を提供します。高度な機能はないものの、初心者アーティストやデザイナーにとっては素晴らしい出発点となります。

Python Code

import tkinter as tkfrom tkinter import colorchooserdef start_paint(event):    global prev_x, prev_y    prev_x, prev_y = event.x, event.ydef paint(event):    x, y = event.x, event.y    canvas.create_line((prev_x, prev_y, x, y), fill=current_color, width=brush_size, capstyle=tk.ROUND, smooth=tk.TRUE)    prev_x, prev_y = x, ydef choose_color():    global current_color    color = colorchooser.askcolor()[1]    if color:        current_color = colordef change_brush_size(new_size):    global brush_size    brush_size = new_sizeroot = tk.Tk()root.title("Basic Paint Application")current_color = "black"brush_size = 2prev_x, prev_y = None, Nonecanvas = tk.Canvas(root, bg="white")canvas.pack(fill=tk.BOTH, expand=True)canvas.bind("", start_paint)canvas.bind("", paint)menu = tk.Menu(root)root.config(menu=menu)options_menu = tk.Menu(menu, tearoff=0)menu.add_cascade(label="オプション", menu=options_menu)options_menu.add_command(label="色を選択", command=choose_color)options_menu.add_command(label="ブラシサイズ(1)", command=lambda: change_brush_size(1))options_menu.add_command(label="ブラシサイズ(3)", command=lambda: change_brush_size(3))options_menu.add_command(label="ブラシサイズ(5)", command=lambda: change_brush_size(5))root.mainloop()

基本的なチャットアプリケーション

基本的なチャットアプリケーションはユーザー間でリアルタイムのテキスト通信を可能にします。ユーザーはメッセージを送受信し、1対1またはグループの会話を作成することができます。通常、メッセージの入力指示、既読通知、ユーザープロファイルなどの機能が含まれます。これらのアプリは個人やビジネスのコミュニケーションに人気があり、情報やアイデアの瞬時で便利な非同期のやり取りを促進します。

サーバーのPythonコード

import socket
import threading

# サーバーの設定
HOST = '0.0.0.0'  # 利用可能なすべてのネットワークインターフェースでリッスン
PORT = 12345

# サーバー用のソケットを作成
server_socket = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_STREAM)
server_socket.bind((HOST, PORT))
server_socket.listen()

clients = []

def handle_client(client_socket):
    while True:
        try:
            message = client_socket.recv(1024).decode("utf-8")
            if not message:
                remove_client(client_socket)
            else:
                broadcast(message, client_socket)
        except Exception as e:
            print(f"エラーが発生しました: {str(e)}")
            remove_client(client_socket)
            break

def remove_client(client_socket):
    if client_socket in clients:
        clients.remove(client_socket)

def broadcast(message, client_socket):
    for client in clients:
        if client != client_socket:
            try:
                client.send(message.encode("utf-8"))
            except Exception as e:
                remove_client(client)
                print(f"エラーが発生しました: {str(e)}")

def main():
    print("チャットサーバーはポート", PORT, "でリッスンしています")
    while True:
        client_socket, addr = server_socket.accept()
        clients.append(client_socket)
        client_handler = threading.Thread(target=handle_client, args=(client_socket,))
        client_handler.start()

if __name__ == "__main__":
    main()

クライアントのPythonコード

import socket
import threading

# クライアントの設定
HOST = '127.0.0.1'  # サーバーのIPアドレス
PORT = 12345

# クライアント用のソケットを作成
client_socket = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_STREAM)
client_socket.connect((HOST, PORT))

def receive_messages():
    while True:
        try:
            message = client_socket.recv(1024).decode("utf-8")
            print(message)
        except Exception as e:
            print(f"エラーが発生しました: {str(e)}")
            client_socket.close()
            break

def send_messages():
    while True:
        message = input()
        client_socket.send(message.encode("utf-8"))

def main():
    print("チャットサーバーに接続しました")
    receive_thread = threading.Thread(target=receive_messages)
    receive_thread.start()
    send_thread = threading.Thread(target=send_messages)
    send_thread.start()

if __name__ == "__main__":
    main()

データサイエンスにおけるPythonの重要性

Pythonは、データ解析のために特化したライブラリやツールの豊富なエコシステム、そしてその多様性と効率性により、データサイエンスの領域で重要な位置を占めています。その重要性は以下の要素にあります:

  • 学習と利用の容易さ: Pythonのシンプルで読みやすい構文は初心者からエキスパートまでアクセス可能であり、データサイエンスの実践者の学習曲線を加速します。
  • 充実したライブラリ: PythonにはNumPy(数値演算)、Pandas(データ操作)、MatplotlibやSeaborn(可視化)、Scikit-Learn(機械学習)などの強力なライブラリがあります。このライブラリ豊富な環境は、複雑なデータ解析タスクを効率化します。
  • コミュニティのサポート: パワフルなPythonコミュニティは継続的にデータサイエンスのライブラリを開発・メンテナンスしています。これにより、ツールは最新で信頼性があり、支援的なユーザーコミュニティのバックアップを受けます。
  • 機械学習とAI: Pythonは、TensorFlow、Keras、PyTorchなどのライブラリを提供する機械学習やAIの開発拠点として機能します。これらのツールにより、予測モデルの作成と展開が簡素化されます。
  • データの可視化: Pythonは魅力的なデータ可視化を作成することができ、データの洞察力とコミュニケーションを向上させます。
  • 統合性: Pythonはデータサイエンスのパイプラインのエンドツーエンドにおいて、データベース、Webフレームワーク、ビッグデータ技術とシームレスに統合されるため、優れた選択肢となります。

続きを読む:現実世界でのPythonのトップ10の使用例

結論

これらの14の小規模なPythonプロジェクトは、初心者がコーディングスキルを向上させるための優れた出発点を提供します。これらはPythonの基本的なコンセプトについての実践的な洞察を提供します。プログラミングの旅に乗り出す際には、練習が習得にとって重要であることを忘れないでください。

もし前に進む準備ができているなら、Analytics VidhyaのPythonコースにサインアップすることを検討してください。ここで、詳細な教育、実践的な経験、実際のデータサイエンスプロジェクトに取り組む機会が得られます。このコースは、プログラミングまたはデータサイエンスのバックグラウンドを持つ初心者にも適しています。キャリアをさらに進め、Pythonのスキルを開発するこの機会を利用しましょう。今日からPythonコースに参加しましょう!

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

機械学習

3つの質問:大規模言語モデルについて、Jacob Andreasに聞く

CSAILの科学者は、最新の機械学習モデルを通じた自然言語処理の研究と、言語が他の種類の人工知能をどのように高めるかの調査...

人工知能

「マーシャンの共同創設者であるイータン・ギンスバーグについてのインタビューシリーズ」

エタン・ギンズバーグは、マーシャンの共同創業者であり、すべてのプロンプトを最適なLLMに動的にルーティングするプラットフ...

人工知能

『ジュリエット・パウエル&アート・クライナー、The AI Dilemma – インタビューシリーズの著者』

『AIのジレンマ』は、ジュリエット・パウエルとアート・クライナーによって書かれましたジュリエット・パウエルは、著者であ...

人工知能

「15Rockの共同創業者兼CEO、ガウタム・バクシ氏によるインタビューシリーズ」

「ガウタム・バクシは、気候リスク管理とアドバイザリーサービスのグローバルリーダーである15Rockの共同創設者兼CEOですガウ...

人工知能

ファイデムのチーフ・プロダクト・オフィサー、アルパー・テキン-インタビューシリーズ

アルパー・テキンは、FindemというAI人材の獲得と管理プラットフォームの最高製品責任者(CPO)ですFindemのTalent Data Clou...

データサイエンス

2023年にAmazonのデータサイエンティストになる方法は?

ほとんどのビジネスは現在、膨大な量のデータを生成し、編集し、管理しています。しかし、ほとんどのビジネスは、収集したデ...