「10 Best AI医療書記」

10 Best AI医療書記

技術革新は医療セクターに大きな影響を与え、AIを搭載した医療秘書が患者記録管理を革新しています。これらのツールは、医療従事者のメモ作成の負担を軽減するだけでなく、効率的な文書作成を通じて患者ケアを向上させる役割も果たしています。このブログでは、医療セクターで今日注目されているトップ5のAI医療秘書について探求します。

1. DeepScribe

サンフランシスコを拠点とするDeepScribeは、AIの力を臨床文書作成に活用しています。2017年に設立された同社は、環境AI、機械学習、ルールベースの自然言語処理を利用して、医療文書を自動的に生成します。

DeepScribeの独自のAIは、セキュアなiOSアプリケーションを介してリアルタイムで患者と医師の対話を聞き、録音します。この録音は転記され、重要な医療情報を特定するために処理され、SOAPノート形式で整理され、既存のEHRシステムに組み込まれます。厳格な人間による品質管理メカニズムにより、これらのノートの正確性が確保され、同時にAIシステムが継続的に改善されます。

主な特徴:

  • リアルタイムで正確な転記
  • ハンズフリー体験のための環境AI
  • EHRシステムとのシームレスな統合
  • 品質保証による高い正確性
  • SOAP形式での自動ノート作成

2. Nuance

Nuance Communicationsは、様々なVoAGIを通じてサービスと情報へのアクセスを拡張する音声インターフェースソフトウェアプラットフォームの開発でよく知られています。2022年3月にMicrosoftによる買収を受けてからも、同社は革新を続けています。

NuanceのAI搭載ソリューションであるDAXは、音声対応の環境型臨床インテリジェンス(ACI)を提供します。DAXは、高い正確性と効率で患者との対話を転記するだけでなく、組織全体でスケーリングしてプロバイダーと患者の医療体験を向上させます。

主な特徴:

  • AI搭載の音声対応ACI
  • プロバイダーと患者のユーザーエクスペリエンスの向上
  • 組織全体へのスケーラビリティ
  • 包括的な臨床文書作成

3. Suki

SukiはAI搭載の音声対応デジタルアシスタントで、医師の文書作成の負担を軽減し、彼らが患者により集中できるようにします。このインテリジェントアシスタントは、管理業務を効率化し、EMRから必要な患者データを驚異的な速度と正確性でアクセスします。

Sukiの自然言語処理機能により、医師は特定のコマンドを覚える必要なく自然に話すことができます。その結果、学習曲線が大幅に短縮され、医師は迅速にSukiをワークフローに適応させることができます。

主な特徴:

  • 音声対応のデジタルアシスタント
  • 管理業務の効率的な処理
  • 自然言語処理
  • 人気のあるEMRとの迅速な統合
  • 文書作成時間の大幅な削減

4. Augmedix

2012年に設立されたサンフランシスコを拠点とするAugmedixは、全国の医療施設に自動化された医療文書作成とデータサービスを提供しています。Augmedixは、自然な医師と患者の相互作用を包括的な医療ノートに変換するために、環境型自動化プラットフォームを活用しています。

同社の主力製品であるAugmedix Liveは、リアルタイムの医療文書作成を実現するために環境AI技術を活用しています。医療文書作成スペシャリストが、医療従事者との双方向メッセージングを通じてケアチームの一員としてポイントオブケアサポートを提供します。

主な特徴:

  • リアルタイムの医療文書作成
  • 環境AI技術
  • ポイントオブケアサポート
  • 包括的な医療ノート

5. Tali AI

Tali AIは、2020年に設立されたトロントを拠点とする企業で、すべてのウェブベースのEHRシステムと連携する音声対応の仮想アシスタントを提供しています。このアシスタントは、組み込まれた医療書記と医療検索機能によって、管理タスクの削減を支援します。

医師はTaliを利用して、EMRソフトウェアに直接ノートを口述したり、薬の投与量に関する質問をしたり、患者の病歴にアクセスしたりすることができます。これにより、効率的な患者管理が容易になります。

主な特徴:

  • 音声対応の仮想アシスタント
  • 管理タスクの削減
  • 組み込まれた医療書記
  • 効果的な医療検索機能

6. Iodine Software

オースティンを拠点とするIodine Softwareは、医療施設向けに革新的な臨床文書化ソリューションを提供しています。同社のAwareCDIスイートは、ミッドリベニューサイクルでの収益漏洩を特定しキャプチャするのに役立ちます。Iodine Labsは新しい技術アイデアの開発を促進し、リアルタイムの洞察を生成します。

Iodine Softwareは、そのCognitiveMLエンジンを活用し、患者入院データベース全体でさまざまなユースケースシナリオに対して高度な機械学習を適用しています。さらに、そのED Diversionは包括的な在宅ケアソリューションを提供し、総医療費を低減し、不必要なEDおよび入院利用を減らすのに役立ちます。

主な特徴:

  • ミッドリベニューサイクルの漏洩の特定と緩和
  • 複数のユースケースシナリオに適用するCognitiveMLエンジン
  • 包括的な在宅ケアソリューション
  • リアルタイムの洞察生成

ScribeLinkは、医師が患者と対話しながら同時に接続されたヘッドセットを介してコミュニケーションすることで、ユニークな医療書記サービスを提供しています。書記はEHRシステムに直接文書化し、リクエストされた情報を医師に伝えることで、正確さと効率性を確保します。

ScribeLinkのサービスを利用することで、医師は患者とのエンカウンターの終わりにノートをレビューして署名するだけで済み、管理負担を大幅に軽減することができます。

主な特徴:

  • 患者エンカウンター中のリアルタイム書記サービス
  • EHRシステムへの直接文書化
  • 医師の簡素なレビューと署名プロセス

8. Mutuo Health Solutions

トロントを拠点とするMutuo Health Solutionsは、医療文書化をさらに進化させています。AutoScribe研究プロジェクトを商品化し、Mutuoは医師と患者の対話を記録し、AIパワードの音声認識と自然言語処理を適用して、リアルタイムで提案される臨床ノートとEHRアクションを生成します。

2018年に設立されたMutuo Health Solutionsは、手作業の医療文書化の手間を省く革新的なソリューションを提供しています。

主な特徴:

  • 自動化された臨床ノートとEHRアクション
  • AIパワードの音声認識と自然言語処理
  • 医師と患者の対話のリアルタイム録音と転写

9. S10.AI

2022年に設立され、ニューヨーク州ウェストベリーに本社を置くS10.AIは、HIPAAに準拠した「どのEHRにも取り付け可能なロボット医療書記クリップオン」を開発しました。この革新的なソリューションにより、医師はキーボード操作、マウスクリック、画面タッチ、EHRの統合なしで、患者との対話から医療文書を即座に生成することができます。

S10.AIの製品ラインには、S10 Robot EHR音声ディクテーション、S10 Robot Medical Transcribe、S10 Robotic Medical Converscribeなどがあり、効率的かつ正確な医療文書化をサポートするよう設計されています。

主な特徴:

  • HIPAAに準拠したロボット医療書記
  • 医療文書化のための自動操縦モード
  • 多様な文書化ニーズに対応する製品ライン
  • あらゆるEHRとの互換性

10. フレーズ

医療文書の急速な進化の中で、フレーズは変革の最前線に立ち、臨床面談の充実に取り組むことで、この分野を革新しています。患者に焦点を当てることで、画面ではなく患者に注力することを可能にするこの画期的なプラットフォームは、技術革新と人間中心のデザインを組み合わせて、文書作成を効率化し、患者の参加を促進します。

フレーズの中核となるAIは、請求とコーディングを劇的に効率化するよう設計されています。これにより、請求率が向上するだけでなく、財務的なストレスも軽減されます。さらに、フレーズのデジタルな患者受付、スケジュール管理、リマインダーにより、待ち時間を最小限に抑え、総合的な満足度を向上させ、医療体験を現代に引き上げます。

主な特徴:

  • 医療従事者中心のAI
  • HIPAAコンプライアンス&セキュリティ

医療AIの進歩

医療分野におけるAI技術の進歩は、膨大な可能性を生み出しています。今日ここで見てきた医療書記ソリューションは、利用可能なものの一部に過ぎません。これらは、人間の専門知識と機械の効率性の重要なバランスを体現し、患者の結果の改善、医師の燃え尽きの軽減、医療システムの効率化に貢献しています。

しかし、AI医療書記の採用は単に生産性の向上に関するものではありません。これらのAIソリューションは、退屈で時間のかかるタスクを排除することにより、医療従事者が彼らの本来の使命に集中する自由を与えています:思いやりのある人間中心のケアを提供することです。それらは患者と医師の関係を再燃させ、プロセスではなく人間に焦点を当てた医療環境を育成しています。そのため、AIが進化し続けるにつれて、開業医や患者の両方に利益をもたらす医療部門のより大きな改善が期待できます。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

「Ami Hever、UVeyeの共同創設者兼CEO - インタビューシリーズ」

עמיר חבר הוא המנכל והמייסד של UVeye, סטארט-אפ ראיה ממוחשבת בלמידה עמוקה, המציבה את התקן הגלובלי לבדיקת רכבים עם זיהוי...

人工知能

Aaron Lee、Smith.aiの共同設立者兼CEO - インタビューシリーズ

アーロン・リーさんは、Smith.aiの共同創業者兼CEOであり、AIと人間の知性を組み合わせて、24時間365日の顧客エンゲージメン...

人工知能

ディープAIの共同創業者兼CEO、ケビン・バラゴナ氏- インタビューシリーズ

ディープAIの創設者であるケビン・バラゴナは、10年以上の経験を持つプロのソフトウェアエンジニア兼製品開発者です彼の目標...

人工知能

「クリス・サレンス氏、CentralReachのCEO - インタビューシリーズ」

クリス・サレンズはCentralReachの最高経営責任者であり、同社を率いて、自閉症や関連する障害を持つ人々のために優れたクラ...

人工知能

「シフトのCEOであるクリス・ナーゲル – インタビューシリーズ」

クリスはSiftの最高経営責任者です彼は、Ping Identityを含むベンチャー支援および公開SaaS企業のシニアリーダーシップポジシ...

人工知能

「ゲイリー・ヒュースティス、パワーハウスフォレンジクスのオーナー兼ディレクター- インタビューシリーズ」

ゲイリー・ヒュースティス氏は、パワーハウスフォレンジックスのオーナー兼ディレクターであり、ライセンスを持つ私立探偵、...