画像認識とコンピュータビジョン:違いは何ですか?

画像認識とコンピュータビジョンの違いは何ですか?

現在の人工知能(AI)と機械学習の業界では、「画像認識」と「コンピュータビジョン」が最も注目されているトレンドです。両分野はともに視覚的な特徴の識別に取り組むため、しばしばこれらの用語が同じ意味で使われます。しかし、コンピュータビジョンと画像認識は、異なる技術、概念、およびアプリケーションを表しています。

この記事では、コンピュータビジョンと画像認識の違い、類似点、および使用される手法について比較します。さあ、始めましょう。

画像認識とは何ですか?

画像認識は、現代の人工知能の分野で、コンピュータにデジタル画像内のパターンやオブジェクトを識別または認識させる技術です。画像認識により、コンピュータは画像内のオブジェクト、人物、場所、テキストを識別する能力を持つようになります。

画像認識の主な目的は、視覚的なコンテンツを分析し解釈して意味のある情報を学習し、事前定義されたラベルやカテゴリに基づいて画像を分類することです。たとえば、画像認識アルゴリズムを正しく実装すると、画像内の犬を識別してラベル付けすることができます。

画像認識はどのように動作しますか?

基本的に、画像認識アルゴリズムは、画像内の各ピクセルを分析してオブジェクトを識別するために、機械学習およびディープラーニングモデルを使用します。画像認識アルゴリズムは、できるだけ多くのラベル付き画像をモデルに与えて、画像内のオブジェクトを認識するようにトレーニングします。

画像認識プロセスは一般的に次の3つのステップで構成されます。

データの収集とラベリング

最初のステップは、画像のデータセットを収集しラベル付けすることです。たとえば、車の写真には「車」とラベルを付ける必要があります。一般的に、データセットが大きいほど結果が良くなります。

データセットでのニューラルネットワークのトレーニング

画像がラベル付けされた後、それらは画像でのトレーニングのためにニューラルネットワークに与えられます。開発者は一般的に、画像認識には畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を使用することを好みます。なぜなら、CNNモデルは追加の人間の入力なしで特徴を検出することができるからです。

テストと予測

データセットでのモデルのトレーニングが完了した後、未知の画像を含む「テスト」データセットが与えられ、結果を検証します。モデルはテストデータセットからの学習を利用して、画像内のオブジェクトやパターンを予測し、オブジェクトを認識しようとします。

コンピュータビジョンとは何ですか?

コンピュータビジョンは、現代の人工知能の分野で、画像やビデオなどのデジタルメディア内のパターンやオブジェクトを識別または認識させる技術です。コンピュータビジョンモデルは、画像内のオブジェクトを認識または分類するだけでなく、それらのオブジェクトに反応することもできます。

コンピュータビジョンモデルの主な目的は、画像内のオブジェクトを検出するだけでなく、それらのオブジェクトと対話し反応することです。たとえば、以下の画像では、コンピュータビジョンモデルはフレーム内のオブジェクト、スクーターを識別するだけでなく、フレーム内のオブジェクトの動きを追跡することもできます。

コンピュータビジョンはどのように動作しますか?

コンピュータビジョンアルゴリズムは、画像認識アルゴリズムと同様に、画像内のオブジェクトを分析するために機械学習およびディープラーニングアルゴリズムを使用して、画像内の各ピクセルを分析します。コンピュータビジョンアルゴリズムの動作は次のステップで要約されます。

データの収集と前処理

最初のステップは、画像、GIF、ビデオ、またはライブストリームなどの十分な量のデータを収集することです。データはノイズや不要なオブジェクトを除去するために前処理されます。

特徴抽出

トレーニングデータはコンピュータビジョンモデルに与えられ、データから関連する特徴を抽出します。モデルはデータ内のオブジェクトを検出し、ローカライズし、事前定義されたラベルやカテゴリに従って分類します。

セマンティックセグメンテーション&分析

画像は、それぞれのピクセルにセマンティックラベルを追加することで異なるパーツにセグメント化されます。データは、タスクの要件に応じて分析および処理されます。

画像認識対コンピュータビジョン:それらはどのように異なるのか?

画像認識とコンピュータビジョンは、両方とも基本的な原理であるオブジェクトの識別に機能しますが、それらは範囲と目的、データ分析のレベル、および使用される技術の点で異なります。それぞれについて個別に議論しましょう。

範囲と目的

画像認識の主な目的は、画像内のオブジェクトやパターンを識別・分類することです。主な目標は、画像内のオブジェクトを検出または認識することです。一方、コンピュータビジョンは、画像や動画などのデジタルメディア内のパターンやオブジェクトを分析し、識別または認識することを目指しています。主な目標は、フレーム内のオブジェクトを検出するだけでなく、それに対応することです。

分析のレベル

画像認識とデータ分析の最も重要な違いは、分析のレベルです。画像認識では、モデルは画像内のオブジェクトやパターンの検出にのみ関心があります。一方、コンピュータビジョンモデルはオブジェクトの検出だけでなく、画像の内容を理解し、空間的な配置を識別しようとします。

例えば、上記の画像では、画像認識モデルはフレーム内のボール、バット、子供を検出するだけかもしれません。一方、コンピュータビジョンモデルは、ボールがバットに当たるか、子供に当たるか、それとも全く外れるかを判断するためにフレームを分析するかもしれません。

複雑さ

画像認識アルゴリズムは、一般にコンピュータビジョンの対応物に比べてシンプルです。それは、画像認識は一般的に画像内の単純なオブジェクトを識別するために展開されるためであり、そのためにディープラーニングや畳み込みニューラルネットワーク(CNN)などの技術を使用して特徴を抽出します。

コンピュータビジョンモデルは一般的により複雑です。なぜなら、画像だけでなく、動画やライブストリームでもオブジェクトを検出し、それに対応する必要があるからです。コンピュータビジョンモデルは、画像認識、ディープラーニング、パターン認識、セマンティックセグメンテーションなどの技術を組み合わせたものです。

画像認識対コンピュータビジョン:それらは似ているのか?

違いはあるものの、画像認識とコンピュータビジョンはいくつかの類似点も共有しています。そして、画像認識はコンピュータビジョンの一部であると言っても安全でしょう。両分野ともに、機械学習技術に大いに依存しており、ラベル付きのデータセットで訓練された既存のモデルを使用して、画像や動画内のオブジェクトを識別・検出します。

最後に

まとめると、画像認識は画像内のオブジェクトを識別・検出する特定のタスクに使用されます。コンピュータビジョンは画像認識をさらに進めて、フレーム内の視覚データを解釈します。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

機械学習

「POCOと出会う:3D人体姿勢と形状推定のための画期的な人工知能フレームワーク」

写真や動画から3D人体のポーズと形状(HPS)を推定することは、現実世界の設定で人間のアクションを再構築するために必要です...

人工知能

RAPIDS:簡単にMLモデルを加速するためにGPUを使用する

はじめに 人工知能(AI)がますます成長するにつれて、より高速かつ効率的な計算能力の需要が高まっています。機械学習(ML)...

データサイエンス

「LangChain、Activeloop、およびDeepInfraを使用したTwitterアルゴリズムのリバースエンジニアリングのためのプレーンな英語ガイド」

このガイドでは、Twitterの推奨アルゴリズムを逆解析して、コードベースをより理解し、より良いコンテンツを作成するための洞...

AI研究

新しいディープラーニングの研究で、抗マラリア薬が骨粗しょう症の可能な治療薬として特定されました

骨粗鬆症は、骨の過剰な喪失と骨折のリスクが高まる状態を特徴とする疾患で、長年にわたり高齢者に悩み続けてきました。健康...

AIニュース

「LLMsにおけるエンタープライズ知識グラフの役割」

紹介 大規模言語モデル(LLM)と生成AIは、人工知能と自然言語処理の革新的なブレークスルーを表します。彼らは人間の言語を...