なぜシリコンバレーは人工知能の拠点となっているのか

シリコンバレーが人工知能の拠点となっている理由はなぜか

人々がテックとAIに関連するイノベーションを考えるとき、シリコンバレーが通常最初に思い浮かぶ場所であり、これには十分な理由があります。無数のスタートアップや主要なテック企業がここで立ち上がっています。それは技術とAIのイノベーションの歴史が、パーソナルコンピューター革命の初期の日々に遡ることができるからです。

1970年代から、この地域のエンジニアや起業家のグループが新興のテクノロジーであったパーソナルコンピューターの開発を始めました。スティーブ・ジョブズやスティーブ・ウォズニアックを含むこれらの初期の先駆者は、AppleやHewlett-Packardなどの企業を設立し、世界で最も成功したテクノロジー企業の2つになりました。

このトレンドは1980年代から2000年代にかけて続き、さらに多くの企業がバレーでスタートを切るようになりました。しかし、2010年代にはAIへのシフトが訪れました。これは新しいテクノロジーによる急速なイノベーションとともにやってきたもので、AIの力をさらに解き放ちました。それ以来、GoogleやFacebook、Teslaなどの企業がAIの研究に大きな投資をしており、新たなAI技術の開発において重要な進展を遂げています。この資本の注入により、シリコンバレーはイノベーションの中心地であり、絶えず進化し続けています。

そして、以下のいずれかの企業が何かを言うなら、シリコンバレーは今後も数年間リーダーであり続けるでしょう。

Anduril Industries

Anduril Industriesは、次世代の防衛兵器に特化しています。これには船舶や航空機などのハードウェアからソフトウェアソリューションまで含まれます。そして、Andurilが輝くのはソフトウェアソリューションです。顧客から得られるデータを活用して、彼らは問題を特定し、私設の研究開発によって数ヶ月以内に展開可能な結果を生み出すために取り組んでいます。

Moveworks

Moveworksは、DatbricksやDocuSignなどに対して、従業員の生産性を向上させることを目的とした生成AIプラットフォームを提供しています。Moveworksは、テクノロジーを活用して情報を提示し、自然言語を通じてタスクを自動化することで、目標を達成しようとしています。彼らの目標はシンプルです – スクリプトを必要としない会話型AIを開発し、お客様のテックスタックに統合し、お客様のチームにゼロのメンテナンスを要求することです。

Gong

Gongは、顧客にオールインワンのインテリジェンスプラットフォームを提供するAI企業であり、正確な相互作用データを活用してビジネスが正しい判断をすることを目指しています。カスタマイズ可能なAIモデルを提供することで、営業チームはスーパーチャージされ、コンバージョンをもたらすためのさまざまなツールを活用できます。

Shield AI

元海軍特殊部隊員であるブランドン・ツェンが共同設立したShield AIは、AIパイロットを注目の的にしたいと考えています。彼らの目標は単純で、人工知能の力を活用して21世紀に向けた航空宇宙と防衛技術を通じて、兵士と市民を保護するための最高の技術を開発することです。

Anthropic

Anthropicは、頼りになるAIを心に描いています。異分野のチームと協力して、Anthropicは安全で信頼性のある、解釈可能で制御可能なAIシステムを構築しています。これにより、クライアントは安全な方法でAIを使用することができます。

Databricks

Databricksは、データレイクの信頼性を向上させるためのオープンソースプロジェクトであるDelta Lakeの開発元です。Databricksは、Apache Sparkの作成者によって設立されたソフトウェア企業です。彼らのプラットフォームはSparkとの連携を目的として開発され、自動化されたクラスター管理とPythonスタイルのノートブックを提供しています。

Insitro

Insitroは、機械学習の力を生物学の世界にもたらすことを目指しています。彼らの目標は、薬物開発や発見を変革し、患者に優れた選択肢を提供することにより、医療分野への機械学習のスケーリングを改善することです。

OpenAI

OpenAIは、大衆の想像力をAIの前面に押し出したと言える企業であり、大ヒットしたChatGPTのリリースによってその地位を確立しました。同社はこれをよく知っており、LLMの可能性を広げる大型言語モデルのリーダーとして今もなお評価されています。これは、昨年3月にGPT-4がリリースされることでさらに証明されました。現在、OpenAIはパートナー向けの新しいインフラストラクチャ(ハードウェアおよびソフトウェアの両方)を構築し、かつての地位を維持しようとしています。

Scale AI

2016年に設立されたScale AIは、AIアプリケーションの開発を加速し、機械学習ライフサイクル全体を管理するエンドツーエンドのデータ中心ソリューションを提供するという単純な目標を持っています。これにより、チームは最高品質のデータセットを通じて運用の優れた成果を達成することができます。

Clari

Clariは、マーケティング、営業、顧客成功などの部門を横断してビジネスの収益目標を推進するための堅牢なオールインワンの収益プラットフォームを開発しました。最新のデータサイエンスを使用することで、Clariのプラットフォームは、クロス機能、コミュニケーション、完全な情報を活用して最適化された意思決定を短時間で行うことを保証します。

結論

ご覧の通り、シリコンバレーは世界のトップAIイノベーターの本拠地であり、これは何年も変わることがないことが明確です。防衛、マーケティング、AIモデリング、ビジネス管理など、バレーはAIの未来を形作っている多様な企業の拠点です。

もしも次世紀のAIの基盤を築いている他のイノベーターの声を聞きたいのであれば、今年の10月30日から11月2日までのODSC West 2023に参加してください。市場を革新しているリーダーたちから学び、ネットワークの視野を広げることができます。

ODSC Westでは、これらの企業がAIの推進に取り組んでいる様子を見るために、オンラインと対面の両方で開催されるAIエキスポ&デモホールも利用できます。

We will continue to update VoAGI; if you have any questions or suggestions, please contact us!

Share:

Was this article helpful?

93 out of 132 found this helpful

Discover more

人工知能

ベイリー・カクスマー、ウォータールー大学の博士課程候補 - インタビューシリーズ

カツマー・ベイリーは、ウォータールー大学のコンピュータ科学学部の博士課程の候補者であり、アルバータ大学の新入教員です...

人工知能

「LeanTaaSの創設者兼CEO、モハン・ギリダラダスによるインタビューシリーズ」

モーハン・ギリダラダスは、AIを活用したSaaSベースのキャパシティ管理、スタッフ配置、患者フローのソフトウェアを提供する...

データサイエンス

アステラソフトウェアのCOO、ジェイ・ミシュラ - インタビューシリーズ

ジェイ・ミシュラは、急速に成長しているエンタープライズ向けデータソリューションの提供企業であるAstera Softwareの最高執...

AIテクノロジー

「LXTのテクノロジーバイスプレジデント、アムル・ヌール・エルディン - インタビューシリーズ」

アムル・ヌール・エルディンは、LXTのテクノロジー担当副社長ですアムルは、自動音声認識(ASR)の文脈での音声/音響処理と機...

人工知能

「Ami Hever、UVeyeの共同創設者兼CEO - インタビューシリーズ」

עמיר חבר הוא המנכל והמייסד של UVeye, סטארט-אפ ראיה ממוחשבת בלמידה עמוקה, המציבה את התקן הגלובלי לבדיקת רכבים עם זיהוי...

機械学習

もし芸術が私たちの人間性を表現する方法であるなら、人工知能はどこに適合するのでしょうか?

MITのポストドクターであるジヴ・エプスタイン氏(SM '19、PhD '23)は、芸術やその他のメディアを作成するために生成的AIを...